メニュースタンドは集客のカギ!お客様の目を引く3つのポイント

おしゃれな工夫でお客様を呼ぶ

店頭に置いてあるメニュースタンドには、お店の情報を伝えるだけでなく、集客につなげるという役割もあります。またおしゃれな工夫を凝らすことで道行く人の興味を引きやすくなるため、コンスタントにお客様を獲得できる可能性が高まります。

今回はメニュースタンドの特徴や選び方、メニュースタンドを活用して集客につなげるためのポイントについてご紹介します。


メニュースタンドが必要な理由とは

メニュースタンドは、飲食店やホテルなどで多用されている案内表示看板のひとつです。入り口付近に設置することで、通りかかった方にメニューや値段、料理の写真など多くの情報を円滑に伝えられます。また、その場に適したメニュースタンドを選べばお客様にお店の雰囲気をイメージしてもらいやすくなり、お店に足を運んでもらえる可能性が高まります。

メニュースタンドの集約効果を高めるには遠くからでも目に入るもの、視界を遮らないものがおすすめです。加えて、おしゃれなメニュースタンドは空間演出効果に優れており、木製やアルミ、スチールなど素材によっても雰囲気が変わるため、お店のテイストに合うものを選んでみましょう。


メニュースタンドの種類と選び方

メニュースタンドは種類によって特徴や機能が異なるため、使用目的に合わせて適したものを選びましょう。


メニュー表を置くタイプ

お店で使っているメニュー表を利用した、シンプルなデザインのメニュースタンドです。メニュー表を開いた状態で置くことができるため、メニューを見て入店を検討してほしい、混み合っているときでもお客様を引き止めたい、待ち時間で注文内容を考えてもらうことでお客様の「待たされている」という感覚を軽減したいという際に役立ちます。


用紙を差し替えられるタイプ

アクリル製の透明なボードに、メニュー表や告知したい情報を印刷した用紙を挟み込んで掲示できるメニュースタンドです。メニューボードやパネルを作ったり、用紙をラミネート加工したりする手間が省けます。レストランやカフェなどの飲食店はもちろん、頻繁に掲示内容を入れ替えるお店におすすめです。


チョークやペンで直接書き込むタイプ

メニュー表などを置くのではなく、はめ込まれた黒板やホワイトボードに手書きでメニューや告知、お店の情報などを書き込めるメニュースタンドです。書いたり消したりがすぐにできるため、日替わりでメニューなどを変える飲食店にぴったり。手書きのデザインで他店と差別化したい、という場合にもおすすめです。手書きならではの温かみのある表現ができるため、お店の雰囲気やスタッフ、店長の人柄がお客様に伝わりやすいという特徴もあります。


メニューケースで展示するタイプ

お店で提供している料理の食品サンプルや、扱っている商品を掲示するのに適しています。アクリル製の頑丈なケースが掲示物をしっかりとカバーするため、汚れたり破損したりする心配もほとんどありません。デザインがシンプルなため掲示物とのミスマッチが起きにくく、屋外での使用に対応している製品があるためさまざまなシーンで活用できます。


ライト付きのタイプ

LEDライトが付属しており、スポットライトのようにメニューを照らすことが可能です。視認性を高める効果があるため、夜間営業がメインのお店には欠かせない看板といえます。照明は色や光量によって印象が変わり、白色で明るめの照明なら活気のある印象を、電球色で暗めの照明なら落ち着いた印象を与えることが可能です。


メニュースタンドで周りの目を引く
3つのポイント

通行人の目を引きつけて入店を促すには、きっかけ作りとなるアイデアが肝心です。とりわけライバル店の多い激戦区では、些細な一工夫が集客を左右します。お客様が入店を決める流れに沿って、以下のポイントを確認してみましょう。


ターゲットを絞ってアピールする

お店によってターゲット層やコンセプトは異なり、それらはお店の立地条件や営業時間によっても左右されます。どのような方に来店してほしいのかによってアピールポイントは変わってくるため、まずはターゲットを明確にし、ターゲットが魅力的だと感じるポイントを強調しましょう。

例えばランチ営業をしている飲食店で若い女性がターゲットなら、おしゃれなメニュースタンドや写真を使ってSNS映えするメニューを扱っていることを伝えると集客につながりやすくなります。サラリーマンがターゲットなら、安さとボリュームが大きなアピールポイントになるはずです。


季節感や特別感を演出する

人気の有無にかかわらず、一年を通してお店の装飾やメニューに変化がなければ、お客様に単調な印象を与えかねません。季節に合わせてメニュースタンドの内容を変えることで、お客様の目に止まりやすくなります。
例えば、春はメニュースタンドに桜の造花を飾ったり、夏は「店内冷えています」「クーラー効いています」の言葉を書いたり、秋や冬には体の温まる料理メニューをアピールしたりと季節感を演出することで、自然とお客様の足を止められるかもしれません。
「期間限定」「数量限定」「今だけ」などの言葉を取り入れて、特別感を演出してみるのもおすすめです。


お店の雰囲気を伝える

SNSやブログで情報を発信するなら別ですが、基本的にお店の雰囲気やメニューの内容は一度も来店したことのないお客様には伝わりにくいもの。しかしメニュースタンドで詳細な情報を掲示すれば、来店前にお客様にお店の魅力を伝えられます。この他、スタッフの手書きメッセージやイラストを描いたり、おすすめ料理の写真を掲示したりすることで見込み客を呼び込めるだけでなく、常連のお客様にも楽しんでもらえます。


メニュースタンドを活用して
効率的に集客力をアップしよう

メニュースタンドは、お店の詳細な情報や魅力を伝える重要なツールです。工夫次第では大きな集客を見込めるため、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。
看板での集客を目指している、メニュースタンドの設置を検討しているという方は、上記でご紹介した選び方やポイントを留意しながら、お店に合うすてきなメニュースタンドを探してみてください。

メニュースタンドの商品一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です