スーパーマーケットのコロナ対策!

平米@720円~で簡単に作れる!飛沫感染対策手作りビニールカーテンの作り方!!

コロナウィルスの飛沫感染防止策として誰でも簡単にビニールカーテンが作れます。50mのロールを1本購入すれば、お好きなサイズで自由にカーテンがつくれます。どれだけお得かと言うと、1m×0.5mのカーテンなら約360円で作れます! 画鋲や、S字フックで天井でつるす方法もありますが、オススメはポップスタンドを一緒に使う方法です! 簡単なのに見た目もきれいに仕上がります。ぜひご参考ください。★印をタップすると商品ページへ移動します。
★飛沫感染対策用フリーカット抗菌PVC透明シート50メートル ¥33,000(税込)
★popスタンド(卓上) ¥2,057(税込) 
★popスタンド(フロア) ¥4,259(税込) 
★石膏ボード用吊り下げ具 ¥253(税込) 
★Sカンロングタイプ (Sサイズ) ¥132(税込)~
★カーテン&フロアスタンドセット ¥6,740(税込)~


  

インクジェットメディアでコストを削減!出力メディアを紹介

印刷を外注するコストは、印刷設備を導入して自社印刷に切り替えることで抑えられます。では、具体的にどのようなポイントでコスト削減が可能なのでしょうか?ここでは、インクジェットメディアを用いた自社印刷に切り替えるメリットと、その出力メディアの種類についてご紹介します。


自社印刷でコスト削減ができる

ポスターなどの制作物を自社で印刷すると、外注で印刷を依頼するよりもコストを削減できます。

特におすすめなのは、小ロットの制作物が多いケースです。この場合に適しているのが原版を作成しないインクジェット印刷で、少数の印刷を安く仕上げられる特徴があります。

自社印刷に切り替えることで、金銭的なコストと時間的なコストの両方が削減可能です。


金銭的なコストの削減

印刷を外注で依頼する場合、インク代や用紙代といった印刷費用に加えて外注先のマージンもコストに上乗せされるため、総合的なコストが高くなります。これを自社印刷に切り替えるとマージンをカットできるため、印刷コストを安く抑えられます。制作物の依頼を受ける際も、コストを抑えた分リーズナブルな価格設定ができるようになります。

自社印刷を始めるにあたっては、設備の導入や人員の確保などの初期投資は必要です。ただし、長く自社印刷を行うことを想定すれば初期投資分の回収は難しくないでしょう。


時間的なコストの削減

自社印刷におけるもう一つのメリットが、時間的なコストの削減です。外注で依頼する場合、外注先に注文し、見積もりや納期の目安などを打ち合わせで決めてから印刷作業に入ります。場合によっては外注先とのやり取りが想定以上に重なることもあり、時間的なコストがかかります。自社印刷であればこのような時間的なコストがかからず、案件一つひとつの納期を短く回すことが可能です。

また、繁忙期の場合は外注先の予定が埋まっている可能性があり、それに合わせて自社のスケジュールや業務量をコントロールしなければならないケースも考えられます。自社印刷に切り替えることで、自社ではコントロールできない外注先の都合から開放され、すぐに印刷の工程へ移れるようになります。これにより、クライアントからの急な依頼や変更にも対応しやすくなります。


インクジェットメディアに使える
塩ビメディアの特徴

インクジェット印刷では、紙や布などのインクジェットメディアにインクを吹き付け、印刷を行います。インクジェットメディアの中でも、屋外用のポスター印刷に向いているのが塩化ビニルです。塩化ビニルで作られた塩ビメディアは裏面に糊が付いており、印刷後に剥離紙を剥がして看板などの素材に貼り付けできます。

ここでは、さまざまな種類がある塩ビメディアの特徴、用途をご説明します。


白塩ビ(グレー糊)

シートの色は白地で、裏面の糊がグレー色の塩ビメディアです。色付きの糊を使用しているため、裏写りしないのが特徴です。

主な使用用途としては、裏面が見えない看板や非電飾看板などに用います。裏側を見る必要のないものなら、壁面の装飾やバイクのステッカーなど、看板以外にもさまざまな用途で活用できます。


裏白塩ビ

白塩ビと同様に下地が白く、裏面の糊が透明の塩ビメディアです。上記の白塩ビと比べると裏面がグレーではないので、建物内の窓ガラスに貼っても見映えが悪くなりません。

裏白塩ビは主に、建物の窓ガラスやガラスでできた看板、広告に使われています。裏面の糊色が広告の見映えを悪くする、裏面が人の目に触れるときに活用されている塩ビメディアです。


透明塩ビ

糊だけではなく、シート自体も透明な塩ビメディアです。透明塩ビは、ポスターを貼り付ける看板の素材の色を活用したいときなどに活躍します。例えば、アクリルなど透明な看板素材の両面に左右反転で印刷した透明塩ビメディアを貼り付けると、文字やイラストがまるで浮かんでいるように見せることもできます。そのほか、車や自転車のステッカーにも使用されます。


乳半・乳白塩ビ

乳半色もしくは乳白色の塩ビメディアで、透光性に優れているのが特徴です。内部に照明装置のある看板に使用することで、照明の光で夜でも目立つ広告看板を作成できます。なお、乳半塩ビと乳白塩ビの用途はどちらも同じですが、透明度が違うため見え方が異なります。乳半の場合は看板素材の色や模様が薄く透けるのに対し、乳白の場合は透けません。


エアフリー塩ビシートで
看板をきれいに作成

エアフリー塩ビシートは、看板素材に貼り付けるときに気泡が発生してもすぐに取り除ける塩ビメディアです。

従来の塩ビシートとは違い、糊が筋状に加工されているので空気を抜きやすく、貼り付けの際に失敗しにくいよう工夫されています。もし作業の最中に気泡ができた場合でも、ヘラやスキージを使って気泡を外に押し出すことが可能です。初心者の方でも失敗が少なくきれいに貼れるので、施工ミスや材料費の削減にもなります。


インクジェットメディアを
自社印刷で活用しよう

インクジェットメディアを使った小ロット印刷なら、外注よりも自社印刷をしたほうが金銭的、時間的なコストを削減できます。インクジェット印刷の出力メディアは透明度や糊付けの色などによって種類があり、適した活用シーンが異なります。それぞれの特徴を把握して、自社印刷にぜひ活かしてください。


出力メディアの商品一覧はこちら

メニュースタンドは集客のカギ!お客様の目を引く3つのポイント

おしゃれな工夫でお客様を呼ぶ

店頭に置いてあるメニュースタンドには、お店の情報を伝えるだけでなく、集客につなげるという役割もあります。またおしゃれな工夫を凝らすことで道行く人の興味を引きやすくなるため、コンスタントにお客様を獲得できる可能性が高まります。

今回はメニュースタンドの特徴や選び方、メニュースタンドを活用して集客につなげるためのポイントについてご紹介します。


メニュースタンドが必要な理由とは

メニュースタンドは、飲食店やホテルなどで多用されている案内表示看板のひとつです。入り口付近に設置することで、通りかかった方にメニューや値段、料理の写真など多くの情報を円滑に伝えられます。また、その場に適したメニュースタンドを選べばお客様にお店の雰囲気をイメージしてもらいやすくなり、お店に足を運んでもらえる可能性が高まります。

メニュースタンドの集約効果を高めるには遠くからでも目に入るもの、視界を遮らないものがおすすめです。加えて、おしゃれなメニュースタンドは空間演出効果に優れており、木製やアルミ、スチールなど素材によっても雰囲気が変わるため、お店のテイストに合うものを選んでみましょう。


メニュースタンドの種類と選び方

メニュースタンドは種類によって特徴や機能が異なるため、使用目的に合わせて適したものを選びましょう。


メニュー表を置くタイプ

お店で使っているメニュー表を利用した、シンプルなデザインのメニュースタンドです。メニュー表を開いた状態で置くことができるため、メニューを見て入店を検討してほしい、混み合っているときでもお客様を引き止めたい、待ち時間で注文内容を考えてもらうことでお客様の「待たされている」という感覚を軽減したいという際に役立ちます。


用紙を差し替えられるタイプ

アクリル製の透明なボードに、メニュー表や告知したい情報を印刷した用紙を挟み込んで掲示できるメニュースタンドです。メニューボードやパネルを作ったり、用紙をラミネート加工したりする手間が省けます。レストランやカフェなどの飲食店はもちろん、頻繁に掲示内容を入れ替えるお店におすすめです。


チョークやペンで直接書き込むタイプ

メニュー表などを置くのではなく、はめ込まれた黒板やホワイトボードに手書きでメニューや告知、お店の情報などを書き込めるメニュースタンドです。書いたり消したりがすぐにできるため、日替わりでメニューなどを変える飲食店にぴったり。手書きのデザインで他店と差別化したい、という場合にもおすすめです。手書きならではの温かみのある表現ができるため、お店の雰囲気やスタッフ、店長の人柄がお客様に伝わりやすいという特徴もあります。


メニューケースで展示するタイプ

お店で提供している料理の食品サンプルや、扱っている商品を掲示するのに適しています。アクリル製の頑丈なケースが掲示物をしっかりとカバーするため、汚れたり破損したりする心配もほとんどありません。デザインがシンプルなため掲示物とのミスマッチが起きにくく、屋外での使用に対応している製品があるためさまざまなシーンで活用できます。


ライト付きのタイプ

LEDライトが付属しており、スポットライトのようにメニューを照らすことが可能です。視認性を高める効果があるため、夜間営業がメインのお店には欠かせない看板といえます。照明は色や光量によって印象が変わり、白色で明るめの照明なら活気のある印象を、電球色で暗めの照明なら落ち着いた印象を与えることが可能です。


メニュースタンドで周りの目を引く
3つのポイント

通行人の目を引きつけて入店を促すには、きっかけ作りとなるアイデアが肝心です。とりわけライバル店の多い激戦区では、些細な一工夫が集客を左右します。お客様が入店を決める流れに沿って、以下のポイントを確認してみましょう。


ターゲットを絞ってアピールする

お店によってターゲット層やコンセプトは異なり、それらはお店の立地条件や営業時間によっても左右されます。どのような方に来店してほしいのかによってアピールポイントは変わってくるため、まずはターゲットを明確にし、ターゲットが魅力的だと感じるポイントを強調しましょう。

例えばランチ営業をしている飲食店で若い女性がターゲットなら、おしゃれなメニュースタンドや写真を使ってSNS映えするメニューを扱っていることを伝えると集客につながりやすくなります。サラリーマンがターゲットなら、安さとボリュームが大きなアピールポイントになるはずです。


季節感や特別感を演出する

人気の有無にかかわらず、一年を通してお店の装飾やメニューに変化がなければ、お客様に単調な印象を与えかねません。季節に合わせてメニュースタンドの内容を変えることで、お客様の目に止まりやすくなります。
例えば、春はメニュースタンドに桜の造花を飾ったり、夏は「店内冷えています」「クーラー効いています」の言葉を書いたり、秋や冬には体の温まる料理メニューをアピールしたりと季節感を演出することで、自然とお客様の足を止められるかもしれません。
「期間限定」「数量限定」「今だけ」などの言葉を取り入れて、特別感を演出してみるのもおすすめです。


お店の雰囲気を伝える

SNSやブログで情報を発信するなら別ですが、基本的にお店の雰囲気やメニューの内容は一度も来店したことのないお客様には伝わりにくいもの。しかしメニュースタンドで詳細な情報を掲示すれば、来店前にお客様にお店の魅力を伝えられます。この他、スタッフの手書きメッセージやイラストを描いたり、おすすめ料理の写真を掲示したりすることで見込み客を呼び込めるだけでなく、常連のお客様にも楽しんでもらえます。


メニュースタンドを活用して
効率的に集客力をアップしよう

メニュースタンドは、お店の詳細な情報や魅力を伝える重要なツールです。工夫次第では大きな集客を見込めるため、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。
看板での集客を目指している、メニュースタンドの設置を検討しているという方は、上記でご紹介した選び方やポイントを留意しながら、お店に合うすてきなメニュースタンドを探してみてください。

メニュースタンドの商品一覧はこちら

インクジェットメディアは印刷の主流?ポスター制作に適した選び方

ポスターを制作するときは、仕上がりの質や納期の早さ、コストなどを総合的にみて依頼内容を決定されることと思います。これらの要件を適切に判断するためには、印刷方式や使用する印刷用シートの違いについて理解しておくことが大切です。

例えば、看板用のポスター制作に向いているのはインクジェット方式だといわれていますが、インクジェット方式で使われるシート「インクジェットメディア」にもいくつかの種類があり、仕上がりが異なります。そこで今回はポスター制作を検討中の方に向け、主な印刷方法やシートの違い、その中でもインクジェットメディアの種類について比較紹介します。


インクジェット方式とトナー方式の違い

印刷方式は使用するインクの違いによって、インクジェット方式とトナー方式の2種類に分類されます。ポスター制作の場合におすすめなのは、インクジェット方式です。ここでは、それぞれの仕組みと適しているケースを比較します。


インクジェット方式の仕組み

インクジェット方式は、印刷媒体に極小のインクを吹き付ける印刷方式です。さらに細かく分類すると、加熱で気泡を発生させインクを噴射する方式、電圧によりインクユニットに圧力をかけてインクを噴射する方式、超音波発信機を使った方式の3種類があります。

インクジェット方式の特徴は色の再現性が高い点にあります。きれいな仕上がりになるため、ポスターなどの色合いが重要な印刷にはインクジェット方式がおすすめです。


トナー方式の仕組み

トナー方式はレーザーを使い、トナーと呼ばれる塗料を転写する印刷方式です。溶けたトナーが付着しないようにオイルを塗ることがあるため、機種によっては印刷物の表面にテカリが出ることもあり、表面加工が必要な印刷には適していません。メリットは高速で印刷できることで、大量の印刷物を低コストで仕上げたいときに有利です。このような特徴から、色合いがそれほど重要ではない白黒コピーのような印刷に適しています。


インクジェットメディアの種類と選び方

先にご紹介したように、インクジェット方式で使用する印刷用シートのことを「インクジェットメディア」と呼びます。特に幅が長くロール状になっているものを指し、大型のインクジェットプリンターで印刷します。「インクジェットメディア」の名称は主に看板制作の現場で使われるもので、他には「ロール紙」と呼ばれることもあります。インクジェットメディアの主な種類は、塩ビフィルム・紙・ターポリンの3つです。


塩ビフィルム

看板用のポスターなど屋外用の印刷物では塩化ビニルでできたフィルムが主流です。一般的にインクジェットメディアと言えば、塩ビフィルムのことを指します。塩ビフィルムは、紙製などの他メディアに比べ対候性に優れていることが特徴です。そのため、屋外向け看板の他、車両のマーキングなどにも適しています。裏に糊がついており、温めると柔らかくなって貼付しやすいことも屋外向け看板などに向いている理由の一つです。


紙製のインクジェットメディアは他のインクジェットメディアに比べてコストが低く、主に高い耐候性を必要としない屋内での掲示やイベントの告知ポスターなど、短期間の掲載に使用されます。耐候性や耐久性は高くなく、水性インクを使用することが多いため、屋外で長期間掲示する場合には不向きです。


ターポリン

ターポリンは防水布という意味で、ポリエステル系の繊維で作られています。その名前通り、ターポリンは防水性能が高く、さらに防炎性能や耐久性が高いことも特徴です。これらの特徴から、横断幕や屋外広告などに使用されます。ポスター印刷でも、雪や雨が多い地域など、掲示する際に強い耐久性が必要な場合に適しています。


印刷する部数と納期にあわせた選び方

印刷する部数や納期によって、適した印刷方法は異なります。ここでは、デジタルデータを直接出力するオンデマンド印刷、版を製作するオフセット印刷、どちらがポスター印刷に向いているか比較します。


仕上がりの早さ

オンデマンド印刷とは、デジタルデータを取り込み、プリンターへデータを送って印刷する方法のことです。「On demand=要求に応じて」という意味の通り、注文に応じてスピーディーかつ少部数で、必要なときに必要な分だけできます。

一方、オフセット印刷は「offset=付けて離す」という意味で、印刷版にインクを付けてゴムなどのブランケットに移送させてから、紙に転写する方式です。オフセット印刷は最初に版を製作する必要があり、インクが乾燥するのを待たなければならないため、オンデマンド印刷と比べると仕上がりに時間がかかります。仕上がりの早さを求める場合は、オンデマンド印刷を選びましょう。


適した納品部数

次に、適した納品部数について比較します。オンデマンド印刷では、印刷会社にデジタルデータを入稿するだけで印刷できるため、コストを抑えた少部数印刷が可能です。内容の差し替えも容易なため、デザインの変更にも柔軟に対応できます。ただし部数が増えるごとにコストも割高になっていくため、数百枚単位までの少部数に適しています。

一方のオフセット印刷は、一度作った版は繰り返し使うことができ、部数が増えるほどコストが下がるため、数千枚単位の大量印刷に適しています。ただし、新しいデザインに切り替えたい場合や修正したい場合は、新しく版を作らなければなりません。

数千枚など大量の印刷が必要ならオフセット印刷を、少ない部数でコストを抑えたいならオンデマンド印刷を選びましょう。


インクジェットメディアを活用すれば低コストの印刷ができる

インクジェット・オンデマンド印刷の組み合わせは、少部数・低コストの印刷に向いているため、ポスターや看板製作などに適しています。誉PRINTINGでは、さまざまな種類のインクジェットメディアと加工を取り扱っています。ポスターの掲載場所や必要部数に応じて、最適なご提案をさせていただきます。ポスター制作をご検討中の方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。


出力メディアの商品一覧はこちら

お問い合わせフォームはこちら

タペストリーとバーを導入して店舗の認知拡大・集客アップを図ろう!

タペストリーは、商品やサービスをPRする販促ツールであるとともに、店舗の売り場やイベントの出展ブースに彩りをもたらす装飾品でもあります。積極的に活用して、企業や店舗の認知拡大や集客アップを図りましょう。そこで今回はタペストリーの特徴やメリット、タペストリーバーの種類、活用する際のポイントについてご紹介します。


タペストリーとは

タペストリーはギリシア語のtapetion(つづれ織り)を語源とし、古くから装飾品として親しまれてきました。現在は印刷技術や素材技術が発達したことにより、インテリアとしてだけでなく販促ツールとしても使用されています。店舗内外や出展ブースに設置することで彩を添えつつ、商品やサービスを訴求することが可能です。


タペストリーのメリット

タペストリーのメリットには、例えば以下の3つがあります。


1.さまざまな場所に設置できる

タペストリーは、天井や柱、壁に掛けられるだけでなく、設置用具を使用すれば窓や屋根の軒下にも設置できます。例えば、無機質な壁にタペストリーを設置すれば、店舗に彩りをプラスできます。PRしたい商品やサービスを考慮したデザインにして統一感のある空間を作れば、より販促効果が高まります。

タペストリーは窓に設置することもできるので、店内にいるお客さまだけでなく、店舗の前を歩く通行人へも商品やサービスをPRすることができます。


2.丈夫で長持ちする

タペストリーに使用されている素材は、厚手合成紙やターポリン、トロピカル(薄手の布生地)、トロマット(厚手の布生地)など耐用年数が長いのが特徴です。そのため、屋内はもちろん、屋外にも気軽に設置できます。また耐久性も高いので、巻いたり畳んだりしても紙のようにシワやクセがつく心配はありません。


3.壁や窓ガラスなどを傷つけずに済む

タペストリーを設置する際、吸盤やパーテーションフックなどの用具を使用すれば、壁や窓ガラスを傷つけません。しっかりと取りつければタペストリーが落ちてくることもなく、取り外しも簡単なので気軽に販促ツールとして活用できます。


タペストリーバーの種類

タペストリーを設置する際に役立つアイテムのひとつに、天井から吊るせる「タペストリーバー」があります。以下で、タペストリーバーの種類を3つご紹介します。


1.タペストリーに通すタイプ(袋加工)

タペストリーのデザインをきれいに見せたい場合は、タペストリーの上下にバーを通すタイプがおすすめです。
バーはパイプ状になっており紐が通っているので、そのまま吊り下げることができます。
下のバーの重みによってシワを伸ばすことができ、タペストリーをきれいに見せることができます。またバーの重みは屋外設置時の風の影響による落下防止にもつながります。

なお、このタイプを使用する場合は、タペストリー本体にパイプを通すため袋状に加工する必要があります。


2.挟み込みタイプ

挟み込みタイプのタペストリーバーには、スライド式やクリップ式などの種類があります。

スライド式は、バーにタペストリーを挟み込んだのち、スライドさせて固定します。アルミなど、光沢感や重厚感を演出できる素材が使われていることもあり、雰囲気づくりにも最適です。

クリップ式は、バーにタペストリーの下部を挟み込んだのち、上部はクリップで固定します。タペストリーの固定や取り外しが簡単に行えるのが特徴です。


3.吸盤つきタイプ

タペストリーの展示期間が短い場合は、取り外しがしやすく跡残りのしにくい吸盤つきタイプがおすすめです。

吸盤のみで固定するので、あまり重くない小さめサイズのタペストリーに向いています。タペストリーを設置したい箇所がデコボコしている場合は、前もって吸盤補助プレートを貼りつけておきましょう。


タペストリーを活用する際のポイント

タペストリーによる販促効果を高めるためには、タペストリーそのもののデザインや設置方法に工夫を施すことが大切です。


タペストリーのデザイン

タペストリーのデザインは、販促効果を左右する重要なポイントです。

例えば、デザインには目立つ色を取り入れるのがおすすめです。プリントする写真やイラスト、生地、それそれの色味を統一させると、より印象深いタペストリーに仕上げることができます。

加えて、バーの色にもこだわってみましょう。例えば、黒を基調としたシックなデザインのタペストリーを設置する場合は、同系色のバーを選ぶのがおすすめです。バーも含めて統一感を持たせることでデザインがさらに際立ち、お客さまの視線を集めやすくなります。


タペストリーの設置方法

タペストリーは、設置方法によって効果的な販促が見込めます。

オーソドックスに壁に掛けて設置するのも良いですが、他社と差をつけるには、空間を有効活用した設置方法を実践する必要があります。

例えば、イベントの出展ブースに取り入れるなら、入り口付近にタペストリーを設置するのがおすすめです。壁に掛けるよりも目立つ上、通行人の目に触れやすくなります。合わせてタペストリーをライトアップすればさらに目立たせることができ、商品やサービスの訴求力が高まります。


タペストリーを活用して認知拡大・集客アップを図ろう

丈夫で扱いやすいタペストリーは、店舗の売り場やイベントの出展ブースにて、企業または店舗の認知拡大や集客アップを図れる便利なアイテムです。「限られた空間で商品をPRしたい」「宣伝・告知に、いろんな場所に設置できるアイテムを使用したい」という方は、ぜひタペストリーを活用してみてください。

タペストリー印刷の商品一覧はこちら

提灯でお店の雰囲気を和風に!購入時の選び方をご紹介

和の雰囲気を演出できるアイテムのひとつに「提灯」があります。古くから大衆居酒屋などで使われていることから、提灯を見ると飲み屋をイメージする方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、提灯の基礎知識をはじめ、コストを安く抑える方法や飾る際のポイントをご紹介します。「居酒屋を開こうと思っている」「お店を和の雰囲気にしたい」という方は、ぜひ提灯を店内外に飾ってみてはいかがでしょうか。


押さえておこう!提灯の基礎知識

飲み屋の代名詞として親しまれている提灯ですが、さまざまな種類があり、それぞれ特徴は異なります。材質やサイズによって印象は大きく変わるため、「どういう雰囲気にしたいか」「どれくらいのサイズがよいか」などを明確にした上で選ぶことが大切です。


提灯の形状

提灯にはさまざまな種類があり、形状にフォーカスした場合は「長型提灯」と「丸型提灯」の2つに分けることができます。どちらも屋台や飲食店の看板などで広く使われているのが特徴です。

◆長型提灯
長型提灯はその名の通り、縦長の形をしているのが特徴です。サイズが大きめなだけでなく、少々長めの店名も見栄えよく印字できるので、看板としての役割を十分に果たします。居酒屋や焼き鳥屋などの飲食店をはじめ、神社でもよく利用されているので、多くの人にとって馴染みのあるタイプといえます。

◆丸型提灯
丸型提灯は、丸みを帯びた形が特徴の提灯です。柔らかな曲線とかわいらしいフォルムが、どこか温かな雰囲気を演出します。長型提灯に比べてサイズが小さいので、ちょっとしたスペースにも飾ることが可能です。印字するときは、ひとつの提灯に何文字も詰め込むよりも、ひとつの提灯に一文字ずつ入れるほうが読みやすくなります。


提灯の材質

提灯を選ぶ際は、形状だけでなく材質にもこだわることが大切です。提灯に使われている材質は、主に「和紙」と「ビニール」の2種類です。それぞれの特徴とメリットをご紹介します。

◆和紙

ザラザラとした質感の和紙は、古くから提灯の材質として親しまれており、レトロかつ上品な雰囲気を演出できます。そのため、お店に味わい深い趣を取り入れたい方におすすめです。
ただし、和紙には水に弱いという弱点があります。もし和紙の提灯を店外に飾るのであれば、雨よけとして専用のビニールシートも用意しておくことをおすすめします。

◆ビニール
ビニールは耐久性と耐水性に優れているので、雨や風などの天気に左右されることなく店外に飾れます。また、色づけが簡単なのでカラーバリエーションが豊富なことも特徴のひとつです。ピンクや緑、黄など珍しい色の提灯を飾ることで、お客さまの興味関心を刺激しやすくなります。

なお、ビニールと一言でいっても種類はさまざまで、例えば和紙のような見た目のビニールもあります。これなら和紙の質感を楽しめる他、高い耐久性により長く使い続けることが可能です。


サイズ

提灯のサイズは、大きく「大型」「中型」「小型」の3つに分けられます。サイズによってお客さまに与える印象は異なるため、提灯を取り入れる前に大まかな役割を知っておきましょう。

◆小型
縦のサイズが60cm未満の提灯は、小型に分類されます。価格が安くサイズもコンパクトなので、手軽に利用できるのが魅力です。
使い方の一例としては、メニューを印字した小型提灯を並べて飾り、「このお店では、このような料理を提供しています」と伝えることで、簡単なお品書きが完成します。

◆中型
縦のサイズが70cm以上の提灯は、中型に分類されます。汎用性の高さが特徴で、看板として代用できる他、宣伝アイテムとしても活用できます。
例えば一押しメニューを印字した中型提灯を店外に飾れば、道行く人たちに「どんな料理を提供しているのか」を知ってもらうことができます。店内に飾れば、注文数の増加につながる可能性も高まります。

◆大型
縦のサイズが100cm以上の提灯は、大型に分類されます。小型・中型に比べてインパクトがあるので、人の興味関心を惹く高いアイキャッチ効果が期待できます。看板や広告アイテムとして店外に飾ることで、十分な宣伝効果をもたらします。


購入前に要確認!
コストを抑えるための3つのポイント

提灯の形状や材質、サイズが決まったら、いよいよ購入です。このとき「費用が膨れ上がらないか」「予算内に収まるか」といった不安を抱える方は多いのではないでしょうか。以下でご紹介する3つのポイントを押さえておけば、低コストで提灯を取り入れることが可能です。


1.ビニールの提灯を選ぶ

和紙の提灯は手作業で製造されているため、ビニールの提灯と比較すると費用が高くなる傾向があります。そのため、なるべく低コストで提灯を取り入れたいのであれば、ビニール製を選ぶことをおすすめします。


2.印字済みの定番提灯を選ぶ

お店オリジナルの提灯はたしかに魅力的ですが、一からデザインを施す必要があるため別途費用が発生します。低コストを重視するなら、「おでん」「串カツ」「酒」など、居酒屋で使う定番ワードがあらかじめプリントされた提灯を選びましょう。安価で販売されていることが多いので、ある程度コストを抑えられます。


3.小型の提灯をメインにする

提灯の値段はサイズによって大きく変わります。小型の提灯に比べて中型・大型の提灯は割高であることがほとんどです。そのため、もし提灯を大量に取り入れるのであれば、小型の提灯を選びましょう。


ルールは必ず守ろう!
提灯を飾るときの注意点

提灯を店外に飾る場合、事前に確かめておかなければならないことがあります。それは、地域の「屋外広告物法」です。これは良好な景観の維持を目的として作られた法律で、広告物の設置が制限されていたり、設置には知事の許可が必要な場合もあります。詳細な内容は地域によって異なるので、提灯を店外に飾る際は必ず地域の屋外広告物法をご確認ください。


提灯を取り入れお店を理想の空間に

提灯と一言でいってもその種類はさまざまです。形状や材質、サイズによって演出できる雰囲気は異なるので、取り入れる際はあらかじめ基礎知識を把握しましょう。既成品を使ったり、小型の提灯を揃えたりと、工夫次第では低コストで提灯を取り入れることもできます。

「お店を和の雰囲気にしたい」「提灯を使ってクラシックな空間を作りたい」「大きな提灯を飾ってお店をPRしたい」という方は、ぜひこの機会に提灯について理解を深めてみてください。

提灯の商品一覧はこちら

看板並の訴求力!カフェの集客、販売促進にミニフラッグや旗を使おう

見通しの良いところに設置される機会が多く、風にはためいて動くミニフラッグ・旗は多くの人の目を引きます。また幅広いデザインと、お店の窓や壁面、店頭とどこにでも設置できる気軽さから、飲食店を始めとする多くのお店で使用されています。今回はミニフラッグや旗のメリット、選び方、設置や制作のポイントについてご紹介します。


商品・サービスを効果的にアピールできる

ミニフラッグ・旗を店頭に設置すれば、どんな商品・サービスを提供しているお店なのか一目瞭然でお客様に伝えられます。そのため、他店に負けない自信がある主力商品・サービスを店頭でアピールするにはぴったりのアイテムです。商品・サービスの名称や写真、キャッチコピーなどを印字したミニフラッグ・旗を複数本並べればより目立たせることができるため、お店の周囲に住んでいる方はもちろん、通りがかった人へもアピールできます。


来店しやすい雰囲気を作る

お店の場所や時間帯によっては、開店しているのかどうかが分かりづらいことがあります。しかしミニフラッグや旗が店頭などに設置されていれば、お客様にお店が開店していることを伝えることが可能です。また文字が大きくて読みやすいデザインのものなら遠くからでも見やすく、お客様の興味を引くことができます。

さらに、店頭にミニフラッグや旗を設置するとお店の印象が賑やかになるため、お客様が来店しやすくなります。お店の雰囲気や商品・サービスに合わせたデザインだけでなく、夏は爽やかで涼しげなデザイン、冬は暖色系の温かみがあるデザインにするなど、季節に合わせて変化をつけるのもおすすめです。


コストパフォーマンスに優れている

宣伝効果の高さに対して、導入費用が安い点もメリットです。サイズや種類、既成品かオーダーメイドかにもよりますが、安いものでは数千円台から購入できます。設置用のポールを別途購入する必要はありますが、こちらも比較的安価に購入することが可能です。


ミニフラッグ・旗を選ぶ際のポイント

ミニフラッグ・旗を選ぶ際のポイント

お店を印象づけて集客を上げるためにも、以下の2つのポイントに注目しながらミニフラッグや旗を選びましょう。


形状は設置イメージで決める

ミニフラッグや旗の形は長方形が一般的ですが、デザインの制限が少なく、どのような店舗にもしっくりと馴染む汎用性の高さが魅力です。風に揺れて通行人の目を引き店頭を華やかに彩ります。

他店との差別化を図りたいという方は、特殊形状のミニフラッグや旗がおすすめです。変わった形状をしていると見る人に違和感を与えるため、道行く方の目にもつきやすくなります。形状の一例としては次のようなものがあります。

◆リボンカット
下部の中央を山形にカットする形状です。風に吹かれた際にひらひらと舞うように美しく見えます。

◆アールカット
下部の片方を、弧を描くようにカットした形です。見た目が美しくスタイリッシュなので、おしゃれなイメージをアピールしたいときに活躍します。

他にもさまざまなミニフラッグや旗があるため、店舗のイメージに合ったものを選んでみましょう。


通行人の視線を集める色を選ぶ

屋外に設置されたフラッグの色は時間帯ごとに見え方が異なります。昼夜問わず見えやすい色でデザインするなら、白や黄色などの明度と彩度の高い色がおすすめです。
一方、黒や紺などの濃い色は日中ならはっきりと見えますが、日が落ちるにつれて見えづらくなっていきます。夜間の視認性を上げるためにはライトをあてたり、街灯のある比較的明るい場所に設置するなど工夫しましょう。
店舗の外壁とミニフラッグ・旗の色合いが同化しないように注意する必要があります。外壁と同じ色、または同系色だとせっかくのフラッグも目立たなくなってしまいます。設置する場所を想定して選ぶことが大切です。


ミニフラッグ・旗の制作ポイント

ミニフラッグや旗を制作するときは、実際の使用イメージを考えてデザインを決定しましょう。以下は、集客効果を高めるための制作ポイントです。


伝えたいキーワードを入れる

ミニフラッグや旗は風になびいて動くため、パッと見て内容を理解できるデザインにすることが大切です。文字や色を少なくし、できるだけシンプルにしましょう。

情報量が多いと文字が小さくて読みづらくなるため、集客効果を最大限活かすことができません。まずは商品やイベントの開催など、何を一番伝えたいのかを考えてみてください。シンプルに伝えることで商品・サービスの魅力をしっかりとアピールできます。


写真やイラストを盛り込む

ミニフラッグ・旗には文字だけでなく、写真やイラストもフルカラーで印刷できます。例えばカフェなら、「コーヒー」といった文字の他においしそうなコーヒーの写真を入れることで見る人に「飲みたい」「ゆっくりしたい」と思わせることができ、実際に来店してもらえる可能性が高まります。また夏ならグラスに水滴のついたアイスコーヒーの写真、冬なら湯気の見える温まりそうなコーヒーの写真を入れるなど、季節によって工夫することでより集客効果が期待できます。


統一感を意識する

ミニフラッグ・旗のデザインを統一すれば、お店の雰囲気をお客様に伝えられます。文字やデザインが違う場合でも、配色を合わせることで全体の統一感を持たせることが可能です。
期間限定のイベントなど普段とは違う訴求をするなら、1枚だけ違う配色で設置する方法も効果的です。ちぐはぐ感が生まれ、逆に注目を集めることができます。


店頭を彩るミニフラッグ・旗でお店をアピールしよう

気軽に設置できるミニフラッグ・旗は、コストを抑えてお店をアピールしたい方におすすめのアイテムです。色合いや形状を工夫することで、他店との差別化も図れます。ミニフラッグや旗を看板として利用する際は、文字や写真の見やすさや色、設置箇所などを考慮してデザインを決めましょう。

日常のアピールから期間を限定した訴求まで幅広く対応できるため、集客率を高めたいという方は活用を検討してみてください。

ミニフラッグの商品一覧はこちら

タペストリー印刷でお店の魅力をアップ!印刷方法と生地にこだわろう

簡単に作成できるタペストリーは、印刷方法や生地の組み合わせ次第で仕上がりのクオリティが異なります。お店をアピールするには、多くの人々の注目を集められる魅力的なタペストリーが必要です。そこで、どのような印刷方法を選べば良いのか、どのような生地を選べばデザインが映えるのかを確認しましょう。タペストリー印刷での業者とのトラブルを避けるために把握しておくべき注意点と併せてご紹介します。


目的別で使い分けよう
タペストリー印刷の方法

タペストリー印刷の方法は多種多様で、理想通りに仕上げるにはそれぞれの特徴をある程度把握しておくことが大切です。どの印刷方法がどのような印刷物に適しているのかをご紹介します。


インクジェット印刷

インクジェット印刷は、インクを微細な粒子にして生地へスプレーする印刷方法です。直接プリントする印刷方法のため、ダイレクトプリントとも呼ばれます。
版板の製作が不要で、少数生産に対応できます。また、印刷できる生地の種類が多く、色数の豊かな印刷物を鮮明に再現できるので、写真やイラストを掲載するタペストリーに向いています。


溶剤印刷

溶剤印刷とは塩化ビニルフィルムやターポリンといった特定の生地に、油性のインク(溶剤)をプリントする方法です。溶剤は有機溶剤をベースに作られていて、水性のインクに比べて生地との密着が強い反面、油性インク特有の刺激臭があります。
色あせしにくい性質を持つので、ショップのロゴやモチーフデザインをプリントしたものなど、長期間使い続けるタペストリーを作成する際におすすめです。


ラテックス印刷

ラテックス印刷は、水性ベースのインクを使った印刷方法です。水性ベースのインクは臭いや有害物質が出ず環境や人に無害なので、飲食店や医療機関での使用に適しています。

さらに、ラテックス印刷で作られた印刷物は発色が良く色あせしにくいため、屋外と屋内どちらでも使用できます。印刷物の寿命をより延ばすには、ラミネートフィルムで印刷面を保護するのが効果的です。


昇華転写

昇華転写はインクジェット印刷と同様のプリンターを使って、分散染料のインクをスプレーする印刷方法です。ただしインクジェット印刷と違い、転写紙とヒートプレス機を用いてインクを転写します。
印刷できる生地が化学繊維に限定されるのが難点ですが、写真やイラストを入れて画像的にクオリティの高いタペストリーを作りたい場合に向いています。


タペストリー印刷に使われる
6種類の生地

タペストリーの印刷に使われる生地は、主に以下6種類です。それぞれの性質を確認しましょう。


厚手合成紙

厚手合成紙は屋内で使用できる丈夫なタペストリーを作りたい人におすすめで、耐用年数は約1~2年です。水に濡れても形状が変わりにくく、衝撃に強いという特徴を持ち合わせています。また、発色が良いので写真やイラストを鮮明に再現できるのもメリットです。


ターポリン

ターポリンはポリエステルやナイロンを合成樹脂でコーティングした生地で、雨や汚れに強く頑丈なので日よけのテントや野積みシート、横断幕などにも使われています。外壁に設置できるほど丈夫なので、雨天時や強風時でも屋外で使用できるタペストリーを作りたい人におすすめで、耐久年数は約2~3年です。かつ両面プリントが可能な遮光ターポリンもあります。


メッシュターポリン

メッシュターポリンは、生地に無数の細かい穴が加工されているため通風性が高く、強風でも破損しにくいという特徴があります。風の強い場所や、高所の屋外で使用できるタペストリーを作りたい人におすすめで、耐久年数は約2~3年です。


ポンジ

ポンジはポリエステル素材の生地で、薄くて軽いため、持ち運びしやすいタペストリーを作りたい人におすすめです。印刷面が裏側から透けて見えやすいため、片面印刷でありながら両方向に印刷内容をアピールできます。耐久年数は少し短めで約3~6ヶ月ですが、生地のなかでも安価という魅力があります。


トロピカル

トロピカルはポリエステル素材の生地で裏抜けしにくく、ポンジと比べると厚手で耐久性が高いという特徴があります。風合いが印象的で、タペストリーの他に屋外用のぼりにも向いています。湿気に強く保管にも適したタペストリーで、耐久年数は約2~3年です。


トロマット

トロピカルはポリエステル素材の生地で、トロピカルよりも厚みがあるのが特徴です。また発色に優れており、細かい文字や柄、複雑なデザインを鮮明に反映できるため色数の多い写真入りのタペストリーに適しています。頑丈なので屋外で使う大型タペストリーにも使用でき、シワがつきにくく折り畳んで保管できるため、シーズンごとに切り替えたい場合などにおすすめです。耐久年数は約2~3年です。


タペストリー印刷の注意点

タペストリー印刷を依頼する際には、トラブルが起こらないよう以下の点を確認しましょう。

デザインの要望に対して充分なサポートが
あるか

業者によっては、タペストリーと併せてショップのロゴやキャッチコピーを作成してもらうことができます。他にもAiデータがない場合でも高画質なjpgデータがあれば対応してもらえたり、デザイン完了後のデータを確認できたりと、業者によりサポート内容が異なります。後にトラブルが発生しないよう、事前に把握しておきましょう。

インクの色調と生地の相性に問題がないか

布系の生地は性質上、インクの色によっては再現が難しい場合があります。とくに青系の色やインクの色濃度が非常に高いもの・低いもの、グラデーションや濃淡があるものは、素材や印刷機などにより発色が変わる可能性が高いといえます。業者が扱っている色見本帳を参考に、希望するインクの色情報を正確に伝えるようにしましょう。

データを作成する際の専用テンプレートが
あるか

データ入稿で印刷内容の情報を送る場合、依頼する業者によっては指定した描画ツールやファイル形式、データサイズでデザインを作成する必要があります。事前に公式サイトで作成の手順を確認するのはもちろん、専用のテンプレートをダウンロードしておきましょう。

最高のタペストリーを作るには
業者との連携が大事

理想通りのタペストリーを完成させるには、印刷用法や生地の特徴を知ることが大切です。タペストリーのデザインに関する明確なイメージを伝えれば、ベストな印刷方法や生地の組み合わせなどを業者から提案してもらうことも可能です。加えて作成を依頼する際は、業者のサポート内容もチェックしておく必要があります。

お店の魅力がしっかりと伝わる理想のタペストリーを作成するためにも、上記を押さえておきましょう。

タペストリー印刷の商品一覧はこちら

コーンサイン・ミニコーンで注意喚起!マナー違反のない店舗にしよう

「店頭の行列などお客さまと近隣の方とのトラブルをうまく対処できないか」と頭を悩ませているオーナーもいるのではないでしょうか。そんなときは、目立ちやすく訴求力があるコーンサインやミニコーンの活用がおすすめです。口頭で伝えることなく注意喚起ができるので、店舗の出入り口だけでなく、スタッフの目が届かない場所のトラブル対策にも適しています。そこで今回はコーンサインとミニコーンにフォーカスし、種類と機能、設置時のポイントについてご紹介します。

バリエーションが豊富!
コーンサインの種類と機能

コーンサインというと、規制を伝えたり場所を区切ったりする際に活用するイメージが強いですが、この他の用途も兼ね備えた多機能タイプも数多く存在します。注意喚起だけでなく、店舗からのプラスアルファのメッセージを発信することができますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

灰皿つきタイプ

コーンサインの種類のひとつに、「灰皿つきタイプ」があります。コーンサインの上部に灰皿が取りつけられており、側面には「喫煙所」の文字やタバコの絵などがプリントされています。「喫煙所はここです!」と場所をお知らせできる他、灰皿も完備されているので、タバコのポイ捨てと歩きタバコの防止に効果的です。

ミニコーン

店内で注意喚起を行いたい場合は、ミニコーンの設置がおすすめです。一般的なコーンサインに比べてサイズが小さいので、設置場所を選びません。店内で立入禁止区域を作りたいときや、通行を誘導したいときに活躍します。

どういうときに役立つの?
コーンサインの活用方法

トラブルを対策しお客さまを誘導する際に役立つコーンサインとミニコーンですが、具体的にどう利用すればいいのか分からないという方もいるかもしれません。以下で、それぞれの活用方法をご紹介します。

待機列の目印として活用する

店内外にて待機列を設ける際は、分かりやすい目印が必要です。なぜなら、目印がないとお客さまがバラバラに並んでしまい、お客さま同士だけでなく近隣の方とのトラブルに発展してしまう恐れがあるためです。さらに、待機列を店外に設けた場合、目印がないと通行人が通りにくくなるなどの問題が発生することも考えられます。

お客さまに気持ちよく並んでもらい、かつトラブルや通行人への被害を避けるためには、コーンサインやミニコーンを並べて待機列の目印を作ることが大切です。

駐車禁止・立入禁止区域で注意喚起する

立ち入り禁止区域や駐車禁止区域であることを示す際も、コーンサインが役立ちます。コーンサインの種類の中には、上部に「駐車禁止」や「立入禁止」と書かれたパネルがついているものもあります。立体感があるため貼り紙よりも目につきやすく、効果的に注意喚起できます。

コーンサインを並べて紐でつなぎ、それを立ち入り禁止区域や駐車禁止区域進行の前に置けば、障害物として役立てることも可能です。お客さまが間違えて駐車したり侵入したりするのを防げます。

広告媒体として活用する

コーンサインの種類の中には、上部に広告用のPOPをセットできるタイプもあります。また、コーンサイン用のステッカーも販売されているので、PRしたい文言をプリントすればコーンサインをあっという間に広告媒体にすることが可能です。これらを看板代わりに使用すれば、新メニューや新サービスの宣伝が可能です。

例えば、待機列の目印としてPOPをセットできるコーンサインを活用すれば、待機中のお客さまに新メニューや新サービスをPRでき、販促効果が期待できます。

押さえておこう!
コーンサインを設置する際のポイント

コーンサインを設置する際は、以下でご紹介する2つのポイントを念頭に置いておきましょう。

1.転倒防止用のウェイトを取り付ける

コーンサインは軽量なので、強風や人による衝撃で転倒する可能性があります。もしコーンサインが道路に投げ出されると、自動車やバイクの通行の妨げになり非常に危険です。そのため、コーンサインを設置する際は、コーンサイン専用のウェイトを取りつけましょう。

2.条例に違反していないか確認する

自治体の条例によっては、屋外広告物条例で広告用サインコーンの設置が禁止されていたり、許可が必要だったりする場合があります。コーンサインを設置するときは、条例や法律条例に違反していないか事前に確認しましょう。なお、公道への設置は道路法によって禁止されています。

コーンサイン・ミニコーンを活用して、
マナー違反を削減しよう

コーンサイン・ミニコーンは、お客さまの迷惑行為を対策する上で役立ちます。気になる場所に設置するだけなので、誰でも簡単に取り入れることができます。

お客さまによるトラブルは、すでに来店しているほかのお客さまへはもちろん、それを目にした通行人や近隣の方からの店舗の印象にも大きく影響します。そのため、口頭で注意するのはもちろん、コーンサインやミニコーンなどのアイテムを上手に活用して未然に防ぐことが大切です。手軽に設置できてしっかりと注意喚起を促せるコーンサイン・ミニコーンを取り入れて、トラブルなく誰もが利用しやすい店舗を目指しましょう。

コーンの商品一覧はこちら

美容院におすすめ!アルミ・木製イーゼルでおしゃれ空間を演出

絵描きが画板を立てる際に使用するイーゼルは、さまざまなお店で看板としても使われています。ユニークな形でおしゃれな雰囲気を演出できるのに加え、美容院の看板として取り入れることで集客にも効果大です。そこで今回はアルミ・木製イーゼルのそれぞれの特徴や、合わせて使いたいメッセージボードのタイプ、さらに美容院での上手な活用方法をご紹介します。美容院を経営している方は、ぜひご一読ください。

イーゼルとは

上述したとおりイーゼルは、絵を描く際に画板を立てるためのスタンドのことです。最近では看板としても使われていて、画板を置くイーゼルを「アトリエイーゼル」、看板用を「ディスプレイイーゼル」と区別します。

ディスプレイイーゼル(以下、イーゼル)は、パネルやメッセージボードと組み合わせて使用します。パネルにはお店のポスターやメニュー表を挟み、メッセージボードには自身でメニューやメッセージなどを手書きするのが主な使い方です。

おしゃれな空間を演出できる他、持ち運びや設置、管理が簡単という魅力があります。また立て看板と比べると視点が高く、通行人の視界に入りやすいという点も魅力のひとつです。

種類によって載せられるパネルやメッセージボードの厚みや重さが違うため、購入前にしっかり確認しておきましょう。

イーゼルの素材による印象の違い

流行に敏感でメニューの入れ替わりが激しい美容院の場合、イーゼルとメッセージボードの組み合わせがおすすめです。手書きタイプのメッセージボードなら定番のメニューはもちろん、新しいメニューやキャンペーンを紹介したい場合にも即座に対応できます。

イーゼルにはアルミ製や木製などがあり、メッセージボードにもマーカーを使うタイプとチョークを使うタイプがあります。それぞれで与える印象が異なるため、お店のコンセプトなどに合わせて選びましょう。

アルミ製イーゼル

アルミ製イーゼルは光沢があるため、清潔感や信頼感、高級感などを演出したい場合に適しています。カラーにはステンカラー(シルバー)やゴールド、ブラックなどがあり、特注すればレッドやイエローなども選べます。メッセージボードの枠色をイーゼルに合わせると、より一体感が増します。

文字やイラストをくっきりと目立たせたい場合には、マーカーで書くタイプのメッセージボードがおすすめです。通常のマーカーと同様に滑らかな書き心地で、初めての方でもイメージどおりに書きやすいです。カラーにはホワイトやブラックなどがあり、ホワイトなら清潔感を、ブラックなら高級感をプラスできます。

木製イーゼル

木製イーゼルは手作り感や温かみがあり、親しみやすさを感じてもらいたい美容院におすすめです。カラーにはブラックやダークブラウン、ブラウンなどがあります。メッセージボードの枠色や素材も木製で揃えると、より味わいが増し、アンティーク調でおしゃれな印象になります。

木製イーゼルの温かみを活かすなら、メッセージボードはチョークで書くタイプがおすすめです。チョークは優しい色合いが特徴で、かすれ具合により手書き感を表現したい場合にぴったりです。カラーにはブラックやグリーンなどがあるので、お店のイメージに合わせて選びましょう。

美容院ならではの具体的な使い方

美容院ならではの、イーゼルとメッセージボードの使い方を5つご紹介します。

メニューとキャンペーン情報を載せる

定番の使い方は、通常のメニューとキャンペーン情報を組み合わせるというものです。期間限定のキャンペーンをしっかりアピールしながら、通常メニューも載せることでお客様に「どれだけお得なのか」を比較してもらえます。

また、複数のイーゼルとメッセージボードを設置し、通常メニューとキャンペーン情報とで使い分けるのも効果的です。情報量がアップして注目度が高まる他、通常メニューのほうは一度書けば書き直す必要がないため業務の効率化にもつながります。

キッズメニューのような特別なサービスがある場合、メッセージボードを使ってアピールすればさらなる集客が期待できます。

ビフォーアフターや店内の写真を載せる

メッセージボードにビフォーアフターの写真を載せることで、お店のサービスやスタッフのスキルをアピールできます。写真を通してお客様に疑似体験をしてもらうことで、「こういう髪型も素敵だな」「そんなメニューがあるなら入ってみようかな」と興味を持ってもらえる可能性もあります。

ビフォーアフター写真の他、店内の写真を掲載するのもおすすめです。建物の2階に位置するお店や窓がないお店の場合、店内の様子が外から見えないため入りにくいと敬遠される可能性がありますが、写真を載せることで回避できます。

チラシと組み合わせる

イーゼルによっては、ラックを取り付けられるタイプもあります。ラックにチラシを入れておくことで、通りかかった人に手にとってもらいやすくなります。お店のメニューやキャンペーンに興味を持ったお客様があとから予約する可能性を考慮し、必ず連絡先も明記しましょう。

メッセージボードに情報を詰め込みすぎると読みにくくなるため、店頭が狭く複数のイーゼルとメッセージボードを設置するスペースがないお店では、こういった工夫が必要です。

ホームページやSNSに誘導する

美容院のホームページやSNSがあるなら、メッセージボードに通常のメニューに加えてURLやアカウント名を書いておきましょう。うまく誘導できればお客様とつながりを持つことができ、インターネットを通してサービス情報を配信できます。多くの人に情報を伝えることで「気分転換にヘッドスパを利用してみようかな」と来店してもらえる可能性もあり、集客アップが期待できます。

ウェルカムボードとして使う

特別感を演出したいなら、メッセージボードをウェルカムボードとして活用してみてはいかがでしょうか。「いらっしゃいませ○○様」とお客様の名前を記載したメッセージボードを席に置いておくと特別感を演出でき、顧客満足度の向上が見込めます。顧客満足度はリピーター獲得にもつながる重要なポイントなので、日頃からきちんと考えておきましょう。

歓迎ムードに感動したお客様がSNSへの投稿を申し出ることもあり、その投稿を見た人が興味を持って来店するなどの宣伝効果も期待できます。

イーゼルとメッセージボードで
唯一無二の看板を作ろう

看板には多くの種類がありますが、メニューの入れ替わりが多い美容院には書き換えが容易なイーゼルとメッセージボードの組み合わせがおすすめです。

イーゼルにはアルミ製や木製などがあり、素材により印象が違うのに加え、組み合わせるメッセージボードのタイプによっても印象が変化します。そのため「他の美容院と差をつけたい」「個性をアピールしたい」というお店にもぴったりです。

上記でご紹介した以外にも、イーゼルとメッセージボードの使い方は多様にあります。お客様に効果的なアプローチがしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

イーゼルスタンドの商品一覧はこちら

誉プリンティングのポイント

  1. POINT1

    即日発送!

    2個目以降は送料無料!

  2. POINT2

    デザインも一緒に

    注文可能です!

  3. POINT3

    印刷もしています!

    一括注文でコストダウン

  4. POINT4

    豊富な品揃え!

    あらゆる分野に対応

POINT 1即日発送!2個目以降は送料無料!
弊社は商品の即日発送を心がけています。
本体のみの発送であれば、弊社1~3日程でお手元に。印刷もご一緒にご注文の場合は、弊社4~7営業日でお手元に。(但し商品の在庫状況により変動有)
お急ぎのお客様にも、出来る限りお答えいたしますので、どんな事でもお気軽にご相談ください。
また、商品の送料も複数購入で、1個分の送料になっております!
POINT 2デザインも一緒に注文可能です!
誉プリンティングは、看板の本体の販売、看板のデザイン、印刷を一括して行っていますので、様々なお客様のご要望にお答えいたします!商品と一緒にデザインをご注文いただくと格安でデザインを印刷していただけます。(デザインプラン参照→
デザインはお客様のご満足のいくまで経験豊富なデザイナーが行いますので、どんな些細な事でもご相談ください。
お客様のイメージをカタチにし、オリジナル看板を制作いたします。
POINT 3印刷もしているので、本体と一括注文でコストダウン&納期も短縮!
誉プリンティングでは、看板の本体の注文と一緒に印刷もご注文していただけます。デザイン、印刷、発送と一括で行っておりますので、コストダウン&納期も短縮!お急ぎの場合にも出来る限りご要望にお答えいたします。
弊社は印刷技術にこだわりを持っています。
例えば、ポップアップディスプレイなどに使われる印刷は、スクリーンを複数枚を貼り合わせます。この時、貼り合わせ部分のずれや隙間がほとんどないように努めております。
印刷をしたデザインは、本体へ取付けての納品、または本体に取付しやすい状態に加工しての納品となります。お客様で商品到着後、商品をすぐに使っていただけます。取付安さと取付後の見栄えのよさは抜群です。
また印刷物の発色の良さにも自信を持っています。お客様からの喜びの声もたくさんいただいております。印刷の特色指定や、色校正も行っております。
POINT 4あらゆる分野に対応した、豊富な品揃え!
弊社は、屋外看板、屋内看板、展示会、イベント、店舗等で、ご使用していただけるあらゆるディスプレイ用品、看板を豊富に取り揃えております。
「展示会やイベントでブースをセンス良く作りたいし予算も押さえたい」
「お店の看板を探したいけどどの看板いいのかわからないなぁ」
「屋外で使用できる頑丈な看板はあるかな?」
等、商品についてのご相談は、ぜひ、弊社のディスプレイアドバイザーにご相談ください。お客様のご要望をお聞きし、多種多様な商品の中から、お客様にあったディスプレイや看板をご提案させていただきます。
また、商品をご購入後のアフターケアにも力を入れています。
「商品がつぶれてしまった」「商品の部品がなくなってしまった」等のトラブルにも修理や、パーツ販売を行っておりますのでご安心くださいませ。商品を長く 使っていただけるようスタッフ一同努めておりますので、些細な事でもご連絡くださいませ。

お客様のお悩みを解決いたします!

展示会・イベントブース制作でお困りはありませんか?
弊社は、ディスプレイ商品、看板を販売しておりますが、展示会・イベントにてお使いいただける商品も豊富に取り揃えております。 展示会や、イベント等のブース制作をお考えのお客様からのお問い合わせ、ご相談も数々いただいております。
  1. お悩み1

    展示会・イベントのブースを制作したいけど、
    予算が限られているし、
    印刷もデザインも一緒にお願いしたい!

  2. お悩み2

    当日に、自分たちで、持ち運びをして
    簡単に組立したいんだけど。

  3. お悩み3

    値段も高いし、一度だけの使用ではなくて
    これからイベントや展示会のたびに使えたら
    経費削減にもなって助かるな。

等のお悩みを解決できる商品をご提案しております。

お悩み解決 1商品のご提案・デザイン・印刷までトータルでサポートいたします!
看板のネット販売では「ディスプレイの販売」と「印刷・デザイン」は、別で注文というところが多いです。
弊社では、「1つの完璧なディスプレイをご提供する」という観点で、お客様のご要望を満たすために、デザイン・印刷・納品までトータルなプロデュースをご 提供いたします。スタンドやスクリーンをお選びいただく際にはプロの知識と経験を持ったディスプレイアドバイザーが、印刷のデザインをご指定いただく際に は専門のデザイナーがそれぞれ担当することで、お客様にご満足いただけるクオリティーを実現しています。
デザインも、お客様のご納得のいくまで何度でも修正可能です。印刷は、お客様のお急ぎにも対応いたします!また色校正もしていただけます。
また展示会・イベントに商品を複数ご購入していただきますと、お値段も割引いたします!展示会、イベントのブース製作のご相談もお気軽に!お客様のブース にぴったりの商品をご提案いたします! お客様のご要望によって即日・翌日の発送を承っていますのでまずはご相談ください。全国どのエリアからのご要望でもスピーディにご対応させて頂きます。
お悩み解決 2大型の商品も組立・撤収簡単!手間いらず!
イベントや展示会は、大型のディスプレイを使用する事が多く、ブースを設営するとき、組立て・撤収に専門の設営業者に委託しなければなりません。その際、 設営料金も別でかかってしまいます。 サイズが大きく重量のある看板の運搬や設営に、不安を感じられることもあるかと思いますが、当社の大型バックパネルなら、お1人でも簡単に運搬も設営もで きるのでお手軽そのものです! 本体スタンドは、広げてストッパーでロックするだけ。 スクリーンは、その本体に簡単に取り付けることができるので慣れれば数分で設営が完了します。もちろん、後片付けにも面倒がありません。
また、当社のバックパネルには、本体スタンドとスクリーン、付属のライトを1つにまとめて収納できるハードケースをお付けいたします。車輪付きなので移動 も楽々です。また、ハードケースは、付属の天板を乗せることでブースのカウンターテーブルとしてもご利用いただけます。
お悩み解決 3本体が一台あれば、スクリーンをかえて繰り返し使えます!
「看板やスタンドを、展示会・イベントに用意していて不経済。」「一度だけイベントで使った看板が、会社の倉庫にたくさんある。」 お客様のご相談でよくいただくのが、展示会やイベントで看板やディスプレイを毎回用意してもったいないというものです。 展示会・イベントの度にディスプレイを新調しなければならないとしたら、莫大なコストがかかってしまいます。とはいえ、今回の展示会・イベントに合わせて 発注した看板が、次回の展示会・イベントの企画内容に合うとは限りません。そんなときこそ、ぜひ弊社の大型バックパネルをご利用ください。 当社オリジナルの大型バックパネルは、本体の大きさを1mから8mまで選択可能。様々な展示会・イベントのブースに、これ1台で対応していただけます。 また、スクリーンの取付けも、広げた、四辺に取付けられたマジックテープで本体と接着するだけなのでとても簡単。着脱も自由自在なので、本体が1つあれば どんな展示会・イベントにもご活用いただけます。