「屋内」タグアーカイブ

メニュースタンドは集客のカギ!お客様の目を引く3つのポイント

おしゃれな工夫でお客様を呼ぶ

店頭に置いてあるメニュースタンドには、お店の情報を伝えるだけでなく、集客につなげるという役割もあります。またおしゃれな工夫を凝らすことで道行く人の興味を引きやすくなるため、コンスタントにお客様を獲得できる可能性が高まります。

今回はメニュースタンドの特徴や選び方、メニュースタンドを活用して集客につなげるためのポイントについてご紹介します。


メニュースタンドが必要な理由とは

メニュースタンドは、飲食店やホテルなどで多用されている案内表示看板のひとつです。入り口付近に設置することで、通りかかった方にメニューや値段、料理の写真など多くの情報を円滑に伝えられます。また、その場に適したメニュースタンドを選べばお客様にお店の雰囲気をイメージしてもらいやすくなり、お店に足を運んでもらえる可能性が高まります。

メニュースタンドの集約効果を高めるには遠くからでも目に入るもの、視界を遮らないものがおすすめです。加えて、おしゃれなメニュースタンドは空間演出効果に優れており、木製やアルミ、スチールなど素材によっても雰囲気が変わるため、お店のテイストに合うものを選んでみましょう。


メニュースタンドの種類と選び方

メニュースタンドは種類によって特徴や機能が異なるため、使用目的に合わせて適したものを選びましょう。


メニュー表を置くタイプ

お店で使っているメニュー表を利用した、シンプルなデザインのメニュースタンドです。メニュー表を開いた状態で置くことができるため、メニューを見て入店を検討してほしい、混み合っているときでもお客様を引き止めたい、待ち時間で注文内容を考えてもらうことでお客様の「待たされている」という感覚を軽減したいという際に役立ちます。


用紙を差し替えられるタイプ

アクリル製の透明なボードに、メニュー表や告知したい情報を印刷した用紙を挟み込んで掲示できるメニュースタンドです。メニューボードやパネルを作ったり、用紙をラミネート加工したりする手間が省けます。レストランやカフェなどの飲食店はもちろん、頻繁に掲示内容を入れ替えるお店におすすめです。


チョークやペンで直接書き込むタイプ

メニュー表などを置くのではなく、はめ込まれた黒板やホワイトボードに手書きでメニューや告知、お店の情報などを書き込めるメニュースタンドです。書いたり消したりがすぐにできるため、日替わりでメニューなどを変える飲食店にぴったり。手書きのデザインで他店と差別化したい、という場合にもおすすめです。手書きならではの温かみのある表現ができるため、お店の雰囲気やスタッフ、店長の人柄がお客様に伝わりやすいという特徴もあります。


メニューケースで展示するタイプ

お店で提供している料理の食品サンプルや、扱っている商品を掲示するのに適しています。アクリル製の頑丈なケースが掲示物をしっかりとカバーするため、汚れたり破損したりする心配もほとんどありません。デザインがシンプルなため掲示物とのミスマッチが起きにくく、屋外での使用に対応している製品があるためさまざまなシーンで活用できます。


ライト付きのタイプ

LEDライトが付属しており、スポットライトのようにメニューを照らすことが可能です。視認性を高める効果があるため、夜間営業がメインのお店には欠かせない看板といえます。照明は色や光量によって印象が変わり、白色で明るめの照明なら活気のある印象を、電球色で暗めの照明なら落ち着いた印象を与えることが可能です。


メニュースタンドで周りの目を引く
3つのポイント

通行人の目を引きつけて入店を促すには、きっかけ作りとなるアイデアが肝心です。とりわけライバル店の多い激戦区では、些細な一工夫が集客を左右します。お客様が入店を決める流れに沿って、以下のポイントを確認してみましょう。


ターゲットを絞ってアピールする

お店によってターゲット層やコンセプトは異なり、それらはお店の立地条件や営業時間によっても左右されます。どのような方に来店してほしいのかによってアピールポイントは変わってくるため、まずはターゲットを明確にし、ターゲットが魅力的だと感じるポイントを強調しましょう。

例えばランチ営業をしている飲食店で若い女性がターゲットなら、おしゃれなメニュースタンドや写真を使ってSNS映えするメニューを扱っていることを伝えると集客につながりやすくなります。サラリーマンがターゲットなら、安さとボリュームが大きなアピールポイントになるはずです。


季節感や特別感を演出する

人気の有無にかかわらず、一年を通してお店の装飾やメニューに変化がなければ、お客様に単調な印象を与えかねません。季節に合わせてメニュースタンドの内容を変えることで、お客様の目に止まりやすくなります。
例えば、春はメニュースタンドに桜の造花を飾ったり、夏は「店内冷えています」「クーラー効いています」の言葉を書いたり、秋や冬には体の温まる料理メニューをアピールしたりと季節感を演出することで、自然とお客様の足を止められるかもしれません。
「期間限定」「数量限定」「今だけ」などの言葉を取り入れて、特別感を演出してみるのもおすすめです。


お店の雰囲気を伝える

SNSやブログで情報を発信するなら別ですが、基本的にお店の雰囲気やメニューの内容は一度も来店したことのないお客様には伝わりにくいもの。しかしメニュースタンドで詳細な情報を掲示すれば、来店前にお客様にお店の魅力を伝えられます。この他、スタッフの手書きメッセージやイラストを描いたり、おすすめ料理の写真を掲示したりすることで見込み客を呼び込めるだけでなく、常連のお客様にも楽しんでもらえます。


メニュースタンドを活用して
効率的に集客力をアップしよう

メニュースタンドは、お店の詳細な情報や魅力を伝える重要なツールです。工夫次第では大きな集客を見込めるため、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。
看板での集客を目指している、メニュースタンドの設置を検討しているという方は、上記でご紹介した選び方やポイントを留意しながら、お店に合うすてきなメニュースタンドを探してみてください。

メニュースタンドの商品一覧はこちら

タペストリーとバーを導入して店舗の認知拡大・集客アップを図ろう!

タペストリーは、商品やサービスをPRする販促ツールであるとともに、店舗の売り場やイベントの出展ブースに彩りをもたらす装飾品でもあります。積極的に活用して、企業や店舗の認知拡大や集客アップを図りましょう。そこで今回はタペストリーの特徴やメリット、タペストリーバーの種類、活用する際のポイントについてご紹介します。


タペストリーとは

タペストリーはギリシア語のtapetion(つづれ織り)を語源とし、古くから装飾品として親しまれてきました。現在は印刷技術や素材技術が発達したことにより、インテリアとしてだけでなく販促ツールとしても使用されています。店舗内外や出展ブースに設置することで彩を添えつつ、商品やサービスを訴求することが可能です。


タペストリーのメリット

タペストリーのメリットには、例えば以下の3つがあります。


1.さまざまな場所に設置できる

タペストリーは、天井や柱、壁に掛けられるだけでなく、設置用具を使用すれば窓や屋根の軒下にも設置できます。例えば、無機質な壁にタペストリーを設置すれば、店舗に彩りをプラスできます。PRしたい商品やサービスを考慮したデザインにして統一感のある空間を作れば、より販促効果が高まります。

タペストリーは窓に設置することもできるので、店内にいるお客さまだけでなく、店舗の前を歩く通行人へも商品やサービスをPRすることができます。


2.丈夫で長持ちする

タペストリーに使用されている素材は、厚手合成紙やターポリン、トロピカル(薄手の布生地)、トロマット(厚手の布生地)など耐用年数が長いのが特徴です。そのため、屋内はもちろん、屋外にも気軽に設置できます。また耐久性も高いので、巻いたり畳んだりしても紙のようにシワやクセがつく心配はありません。


3.壁や窓ガラスなどを傷つけずに済む

タペストリーを設置する際、吸盤やパーテーションフックなどの用具を使用すれば、壁や窓ガラスを傷つけません。しっかりと取りつければタペストリーが落ちてくることもなく、取り外しも簡単なので気軽に販促ツールとして活用できます。


タペストリーバーの種類

タペストリーを設置する際に役立つアイテムのひとつに、天井から吊るせる「タペストリーバー」があります。以下で、タペストリーバーの種類を3つご紹介します。


1.タペストリーに通すタイプ(袋加工)

タペストリーのデザインをきれいに見せたい場合は、タペストリーの上下にバーを通すタイプがおすすめです。
バーはパイプ状になっており紐が通っているので、そのまま吊り下げることができます。
下のバーの重みによってシワを伸ばすことができ、タペストリーをきれいに見せることができます。またバーの重みは屋外設置時の風の影響による落下防止にもつながります。

なお、このタイプを使用する場合は、タペストリー本体にパイプを通すため袋状に加工する必要があります。


2.挟み込みタイプ

挟み込みタイプのタペストリーバーには、スライド式やクリップ式などの種類があります。

スライド式は、バーにタペストリーを挟み込んだのち、スライドさせて固定します。アルミなど、光沢感や重厚感を演出できる素材が使われていることもあり、雰囲気づくりにも最適です。

クリップ式は、バーにタペストリーの下部を挟み込んだのち、上部はクリップで固定します。タペストリーの固定や取り外しが簡単に行えるのが特徴です。


3.吸盤つきタイプ

タペストリーの展示期間が短い場合は、取り外しがしやすく跡残りのしにくい吸盤つきタイプがおすすめです。

吸盤のみで固定するので、あまり重くない小さめサイズのタペストリーに向いています。タペストリーを設置したい箇所がデコボコしている場合は、前もって吸盤補助プレートを貼りつけておきましょう。


タペストリーを活用する際のポイント

タペストリーによる販促効果を高めるためには、タペストリーそのもののデザインや設置方法に工夫を施すことが大切です。


タペストリーのデザイン

タペストリーのデザインは、販促効果を左右する重要なポイントです。

デザインには目立つ色を取り入れるのがおすすめです。プリントする写真やイラスト、生地、それそれの色味を統一させると、より印象深いタペストリーに仕上げることができます。

加えて、バーの色にもこだわってみましょう。例えば、黒を基調としたシックなデザインのタペストリーを設置する場合は、同系色のバーを選ぶのがおすすめです。バーも含めて統一感を持たせることでデザインがさらに際立ち、お客さまの視線を集めやすくなります。


タペストリーの設置方法

タペストリーは、設置方法によって効果的な販促が見込めます。

オーソドックスに壁に掛けて設置するのも良いですが、他社と差をつけるには、空間を有効活用した設置方法を実践する必要があります。

例えば、イベントの出展ブースに取り入れるなら、入り口付近にタペストリーを設置するのがおすすめです。壁に掛けるよりも目立つ上、通行人の目に触れやすくなります。合わせてタペストリーをライトアップすればさらに目立たせることができ、商品やサービスの訴求力が高まります。


タペストリーを活用して認知拡大・集客アップを図ろう

丈夫で扱いやすいタペストリーは、店舗の売り場やイベントの出展ブースにて、企業または店舗の認知拡大や集客アップを図れる便利なアイテムです。「限られた空間で商品をPRしたい」「宣伝・告知に、いろんな場所に設置できるアイテムを使用したい」という方は、ぜひタペストリーを活用してみてください。

タペストリー印刷の商品一覧はこちら

看板並の訴求力!カフェの集客、販売促進にミニフラッグや旗を使おう

見通しの良いところに設置される機会が多く、風にはためいて動くミニフラッグ・旗は多くの人の目を引きます。また幅広いデザインと、お店の窓や壁面、店頭とどこにでも設置できる気軽さから、飲食店を始めとする多くのお店で使用されています。今回はミニフラッグや旗のメリット、選び方、設置や制作のポイントについてご紹介します。


商品・サービスを効果的にアピールできる

ミニフラッグ・旗を店頭に設置すれば、どんな商品・サービスを提供しているお店なのか一目瞭然でお客様に伝えられます。そのため、他店に負けない自信がある主力商品・サービスを店頭でアピールするにはぴったりのアイテムです。商品・サービスの名称や写真、キャッチコピーなどを印字したミニフラッグ・旗を複数本並べればより目立たせることができるため、お店の周囲に住んでいる方はもちろん、通りがかった人へもアピールできます。


来店しやすい雰囲気を作る

お店の場所や時間帯によっては、開店しているのかどうかが分かりづらいことがあります。しかしミニフラッグや旗が店頭などに設置されていれば、お客様にお店が開店していることを伝えることが可能です。また文字が大きくて読みやすいデザインのものなら遠くからでも見やすく、お客様の興味を引くことができます。

さらに、店頭にミニフラッグや旗を設置するとお店の印象が賑やかになるため、お客様が来店しやすくなります。お店の雰囲気や商品・サービスに合わせたデザインだけでなく、夏は爽やかで涼しげなデザイン、冬は暖色系の温かみがあるデザインにするなど、季節に合わせて変化をつけるのもおすすめです。


コストパフォーマンスに優れている

宣伝効果の高さに対して、導入費用が安い点もメリットです。サイズや種類、既成品かオーダーメイドかにもよりますが、安いものでは数千円台から購入できます。設置用のポールを別途購入する必要はありますが、こちらも比較的安価に購入することが可能です。


ミニフラッグ・旗を選ぶ際のポイント

ミニフラッグ・旗を選ぶ際のポイント

お店を印象づけて集客を上げるためにも、以下の2つのポイントに注目しながらミニフラッグや旗を選びましょう。


形状は設置イメージで決める

ミニフラッグや旗の形は長方形が一般的ですが、デザインの制限が少なく、どのような店舗にもしっくりと馴染む汎用性の高さが魅力です。風に揺れて通行人の目を引き店頭を華やかに彩ります。

他店との差別化を図りたいという方は、特殊形状のミニフラッグや旗がおすすめです。変わった形状をしていると見る人に違和感を与えるため、道行く方の目にもつきやすくなります。形状の一例としては次のようなものがあります。

◆リボンカット
下部の中央を山形にカットする形状です。風に吹かれた際にひらひらと舞うように美しく見えます。

◆アールカット
下部の片方を、弧を描くようにカットした形です。見た目が美しくスタイリッシュなので、おしゃれなイメージをアピールしたいときに活躍します。

他にもさまざまなミニフラッグや旗があるため、店舗のイメージに合ったものを選んでみましょう。


通行人の視線を集める色を選ぶ

屋外に設置されたフラッグの色は時間帯ごとに見え方が異なります。昼夜問わず見えやすい色でデザインするなら、白や黄色などの明度と彩度の高い色がおすすめです。
一方、黒や紺などの濃い色は日中ならはっきりと見えますが、日が落ちるにつれて見えづらくなっていきます。夜間の視認性を上げるためにはライトをあてたり、街灯のある比較的明るい場所に設置するなど工夫しましょう。
店舗の外壁とミニフラッグ・旗の色合いが同化しないように注意する必要があります。外壁と同じ色、または同系色だとせっかくのフラッグも目立たなくなってしまいます。設置する場所を想定して選ぶことが大切です。


ミニフラッグ・旗の制作ポイント

ミニフラッグや旗を制作するときは、実際の使用イメージを考えてデザインを決定しましょう。以下は、集客効果を高めるための制作ポイントです。


伝えたいキーワードを入れる

ミニフラッグや旗は風になびいて動くため、パッと見て内容を理解できるデザインにすることが大切です。文字や色を少なくし、できるだけシンプルにしましょう。

情報量が多いと文字が小さくて読みづらくなるため、集客効果を最大限活かすことができません。まずは商品やイベントの開催など、何を一番伝えたいのかを考えてみてください。シンプルに伝えることで商品・サービスの魅力をしっかりとアピールできます。


写真やイラストを盛り込む

ミニフラッグ・旗には文字だけでなく、写真やイラストもフルカラーで印刷できます。例えばカフェなら、「コーヒー」といった文字の他においしそうなコーヒーの写真を入れることで見る人に「飲みたい」「ゆっくりしたい」と思わせることができ、実際に来店してもらえる可能性が高まります。また夏ならグラスに水滴のついたアイスコーヒーの写真、冬なら湯気の見える温まりそうなコーヒーの写真を入れるなど、季節によって工夫することでより集客効果が期待できます。


統一感を意識する

ミニフラッグ・旗のデザインを統一すれば、お店の雰囲気をお客様に伝えられます。文字やデザインが違う場合でも、配色を合わせることで全体の統一感を持たせることが可能です。
期間限定のイベントなど普段とは違う訴求をするなら、1枚だけ違う配色で設置する方法も効果的です。ちぐはぐ感が生まれ、逆に注目を集めることができます。


店頭を彩るミニフラッグ・旗でお店をアピールしよう

気軽に設置できるミニフラッグ・旗は、コストを抑えてお店をアピールしたい方におすすめのアイテムです。色合いや形状を工夫することで、他店との差別化も図れます。ミニフラッグや旗を看板として利用する際は、文字や写真の見やすさや色、設置箇所などを考慮してデザインを決めましょう。

日常のアピールから期間を限定した訴求まで幅広く対応できるため、集客率を高めたいという方は活用を検討してみてください。

ミニフラッグの商品一覧はこちら

タペストリー印刷でお店の魅力をアップ!印刷方法と生地にこだわろう

簡単に作成できるタペストリーは、印刷方法や生地の組み合わせ次第で仕上がりのクオリティが異なります。お店をアピールするには、多くの人々の注目を集められる魅力的なタペストリーが必要です。そこで、どのような印刷方法を選べば良いのか、どのような生地を選べばデザインが映えるのかを確認しましょう。タペストリー印刷での業者とのトラブルを避けるために把握しておくべき注意点と併せてご紹介します。


目的別で使い分けよう
タペストリー印刷の方法

タペストリー印刷の方法は多種多様で、理想通りに仕上げるにはそれぞれの特徴をある程度把握しておくことが大切です。どの印刷方法がどのような印刷物に適しているのかをご紹介します。


インクジェット印刷

インクジェット印刷は、インクを微細な粒子にして生地へスプレーする印刷方法です。直接プリントする印刷方法のため、ダイレクトプリントとも呼ばれます。
版板の製作が不要で、少数生産に対応できます。また、印刷できる生地の種類が多く、色数の豊かな印刷物を鮮明に再現できるので、写真やイラストを掲載するタペストリーに向いています。


溶剤印刷

溶剤印刷とは塩化ビニルフィルムやターポリンといった特定の生地に、油性のインク(溶剤)をプリントする方法です。溶剤は有機溶剤をベースに作られていて、水性のインクに比べて生地との密着が強い反面、油性インク特有の刺激臭があります。
色あせしにくい性質を持つので、ショップのロゴやモチーフデザインをプリントしたものなど、長期間使い続けるタペストリーを作成する際におすすめです。


ラテックス印刷

ラテックス印刷は、水性ベースのインクを使った印刷方法です。水性ベースのインクは臭いや有害物質が出ず環境や人に無害なので、飲食店や医療機関での使用に適しています。

さらに、ラテックス印刷で作られた印刷物は発色が良く色あせしにくいため、屋外と屋内どちらでも使用できます。印刷物の寿命をより延ばすには、ラミネートフィルムで印刷面を保護するのが効果的です。


昇華転写

昇華転写はインクジェット印刷と同様のプリンターを使って、分散染料のインクをスプレーする印刷方法です。ただしインクジェット印刷と違い、転写紙とヒートプレス機を用いてインクを転写します。
印刷できる生地が化学繊維に限定されるのが難点ですが、写真やイラストを入れて画像的にクオリティの高いタペストリーを作りたい場合に向いています。


タペストリー印刷に使われる
6種類の生地

タペストリーの印刷に使われる生地は、主に以下6種類です。それぞれの性質を確認しましょう。


厚手合成紙

厚手合成紙は屋内で使用できる丈夫なタペストリーを作りたい人におすすめで、耐用年数は約1~2年です。水に濡れても形状が変わりにくく、衝撃に強いという特徴を持ち合わせています。また、発色が良いので写真やイラストを鮮明に再現できるのもメリットです。


ターポリン

ターポリンはポリエステルやナイロンを合成樹脂でコーティングした生地で、雨や汚れに強く頑丈なので日よけのテントや野積みシート、横断幕などにも使われています。外壁に設置できるほど丈夫なので、雨天時や強風時でも屋外で使用できるタペストリーを作りたい人におすすめで、耐久年数は約2~3年です。かつ両面プリントが可能な遮光ターポリンもあります。


メッシュターポリン

メッシュターポリンは、生地に無数の細かい穴が加工されているため通風性が高く、強風でも破損しにくいという特徴があります。風の強い場所や、高所の屋外で使用できるタペストリーを作りたい人におすすめで、耐久年数は約2~3年です。


ポンジ

ポンジはポリエステル素材の生地で、薄くて軽いため、持ち運びしやすいタペストリーを作りたい人におすすめです。印刷面が裏側から透けて見えやすいため、片面印刷でありながら両方向に印刷内容をアピールできます。耐久年数は少し短めで約3~6ヶ月ですが、生地のなかでも安価という魅力があります。


トロピカル

トロピカルはポリエステル素材の生地で裏抜けしにくく、ポンジと比べると厚手で耐久性が高いという特徴があります。風合いが印象的で、タペストリーの他に屋外用のぼりにも向いています。湿気に強く保管にも適したタペストリーで、耐久年数は約2~3年です。


トロマット

トロピカルはポリエステル素材の生地で、トロピカルよりも厚みがあるのが特徴です。また発色に優れており、細かい文字や柄、複雑なデザインを鮮明に反映できるため色数の多い写真入りのタペストリーに適しています。頑丈なので屋外で使う大型タペストリーにも使用でき、シワがつきにくく折り畳んで保管できるため、シーズンごとに切り替えたい場合などにおすすめです。耐久年数は約2~3年です。


タペストリー印刷の注意点

タペストリー印刷を依頼する際には、トラブルが起こらないよう以下の点を確認しましょう。

デザインの要望に対して充分なサポートが
あるか

業者によっては、タペストリーと併せてショップのロゴやキャッチコピーを作成してもらうことができます。他にもAiデータがない場合でも高画質なjpgデータがあれば対応してもらえたり、デザイン完了後のデータを確認できたりと、業者によりサポート内容が異なります。後にトラブルが発生しないよう、事前に把握しておきましょう。

インクの色調と生地の相性に問題がないか

布系の生地は性質上、インクの色によっては再現が難しい場合があります。とくに青系の色やインクの色濃度が非常に高いもの・低いもの、グラデーションや濃淡があるものは、素材や印刷機などにより発色が変わる可能性が高いといえます。業者が扱っている色見本帳を参考に、希望するインクの色情報を正確に伝えるようにしましょう。

データを作成する際の専用テンプレートが
あるか

データ入稿で印刷内容の情報を送る場合、依頼する業者によっては指定した描画ツールやファイル形式、データサイズでデザインを作成する必要があります。事前に公式サイトで作成の手順を確認するのはもちろん、専用のテンプレートをダウンロードしておきましょう。

最高のタペストリーを作るには
業者との連携が大事

理想通りのタペストリーを完成させるには、印刷用法や生地の特徴を知ることが大切です。タペストリーのデザインに関する明確なイメージを伝えれば、ベストな印刷方法や生地の組み合わせなどを業者から提案してもらうことも可能です。加えて作成を依頼する際は、業者のサポート内容もチェックしておく必要があります。

お店の魅力がしっかりと伝わる理想のタペストリーを作成するためにも、上記を押さえておきましょう。

タペストリー印刷の商品一覧はこちら

コーンサイン・ミニコーンで注意喚起!マナー違反のない店舗にしよう

「店頭の行列などお客さまと近隣の方とのトラブルをうまく対処できないか」と頭を悩ませているオーナーもいるのではないでしょうか。そんなときは、目立ちやすく訴求力があるコーンサインやミニコーンの活用がおすすめです。口頭で伝えることなく注意喚起ができるので、店舗の出入り口だけでなく、スタッフの目が届かない場所のトラブル対策にも適しています。そこで今回はコーンサインとミニコーンにフォーカスし、種類と機能、設置時のポイントについてご紹介します。

バリエーションが豊富!
コーンサインの種類と機能

コーンサインというと、規制を伝えたり場所を区切ったりする際に活用するイメージが強いですが、この他の用途も兼ね備えた多機能タイプも数多く存在します。注意喚起だけでなく、店舗からのプラスアルファのメッセージを発信することができますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

灰皿つきタイプ

コーンサインの種類のひとつに、「灰皿つきタイプ」があります。コーンサインの上部に灰皿が取りつけられており、側面には「喫煙所」の文字やタバコの絵などがプリントされています。「喫煙所はここです!」と場所をお知らせできる他、灰皿も完備されているので、タバコのポイ捨てと歩きタバコの防止に効果的です。

ミニコーン

店内で注意喚起を行いたい場合は、ミニコーンの設置がおすすめです。一般的なコーンサインに比べてサイズが小さいので、設置場所を選びません。店内で立入禁止区域を作りたいときや、通行を誘導したいときに活躍します。

どういうときに役立つの?
コーンサインの活用方法

トラブルを対策しお客さまを誘導する際に役立つコーンサインとミニコーンですが、具体的にどう利用すればいいのか分からないという方もいるかもしれません。以下で、それぞれの活用方法をご紹介します。

待機列の目印として活用する

店内外にて待機列を設ける際は、分かりやすい目印が必要です。なぜなら、目印がないとお客さまがバラバラに並んでしまい、お客さま同士だけでなく近隣の方とのトラブルに発展してしまう恐れがあるためです。さらに、待機列を店外に設けた場合、目印がないと通行人が通りにくくなるなどの問題が発生することも考えられます。

お客さまに気持ちよく並んでもらい、かつトラブルや通行人への被害を避けるためには、コーンサインやミニコーンを並べて待機列の目印を作ることが大切です。

駐車禁止・立入禁止区域で注意喚起する

立ち入り禁止区域や駐車禁止区域であることを示す際も、コーンサインが役立ちます。コーンサインの種類の中には、上部に「駐車禁止」や「立入禁止」と書かれたパネルがついているものもあります。立体感があるため貼り紙よりも目につきやすく、効果的に注意喚起できます。

コーンサインを並べて紐でつなぎ、それを立ち入り禁止区域や駐車禁止区域進行の前に置けば、障害物として役立てることも可能です。お客さまが間違えて駐車したり侵入したりするのを防げます。

広告媒体として活用する

コーンサインの種類の中には、上部に広告用のPOPをセットできるタイプもあります。また、コーンサイン用のステッカーも販売されているので、PRしたい文言をプリントすればコーンサインをあっという間に広告媒体にすることが可能です。これらを看板代わりに使用すれば、新メニューや新サービスの宣伝が可能です。

例えば、待機列の目印としてPOPをセットできるコーンサインを活用すれば、待機中のお客さまに新メニューや新サービスをPRでき、販促効果が期待できます。

押さえておこう!
コーンサインを設置する際のポイント

コーンサインを設置する際は、以下でご紹介する2つのポイントを念頭に置いておきましょう。

1.転倒防止用のウェイトを取り付ける

コーンサインは軽量なので、強風や人による衝撃で転倒する可能性があります。もしコーンサインが道路に投げ出されると、自動車やバイクの通行の妨げになり非常に危険です。そのため、コーンサインを設置する際は、コーンサイン専用のウェイトを取りつけましょう。

2.条例に違反していないか確認する

自治体の条例によっては、屋外広告物条例で広告用サインコーンの設置が禁止されていたり、許可が必要だったりする場合があります。コーンサインを設置するときは、条例や法律条例に違反していないか事前に確認しましょう。なお、公道への設置は道路法によって禁止されています。

コーンサイン・ミニコーンを活用して、
マナー違反を削減しよう

コーンサイン・ミニコーンは、お客さまの迷惑行為を対策する上で役立ちます。気になる場所に設置するだけなので、誰でも簡単に取り入れることができます。

お客さまによるトラブルは、すでに来店しているほかのお客さまへはもちろん、それを目にした通行人や近隣の方からの店舗の印象にも大きく影響します。そのため、口頭で注意するのはもちろん、コーンサインやミニコーンなどのアイテムを上手に活用して未然に防ぐことが大切です。手軽に設置できてしっかりと注意喚起を促せるコーンサイン・ミニコーンを取り入れて、トラブルなく誰もが利用しやすい店舗を目指しましょう。

コーンの商品一覧はこちら

美容院におすすめ!アルミ・木製イーゼルでおしゃれ空間を演出

絵描きが画板を立てる際に使用するイーゼルは、さまざまなお店で看板としても使われています。ユニークな形でおしゃれな雰囲気を演出できるのに加え、美容院の看板として取り入れることで集客にも効果大です。そこで今回はアルミ・木製イーゼルのそれぞれの特徴や、合わせて使いたいメッセージボードのタイプ、さらに美容院での上手な活用方法をご紹介します。美容院を経営している方は、ぜひご一読ください。

イーゼルとは

上述したとおりイーゼルは、絵を描く際に画板を立てるためのスタンドのことです。最近では看板としても使われていて、画板を置くイーゼルを「アトリエイーゼル」、看板用を「ディスプレイイーゼル」と区別します。

ディスプレイイーゼル(以下、イーゼル)は、パネルやメッセージボードと組み合わせて使用します。パネルにはお店のポスターやメニュー表を挟み、メッセージボードには自身でメニューやメッセージなどを手書きするのが主な使い方です。

おしゃれな空間を演出できる他、持ち運びや設置、管理が簡単という魅力があります。また立て看板と比べると視点が高く、通行人の視界に入りやすいという点も魅力のひとつです。

種類によって載せられるパネルやメッセージボードの厚みや重さが違うため、購入前にしっかり確認しておきましょう。

イーゼルの素材による印象の違い

流行に敏感でメニューの入れ替わりが激しい美容院の場合、イーゼルとメッセージボードの組み合わせがおすすめです。手書きタイプのメッセージボードなら定番のメニューはもちろん、新しいメニューやキャンペーンを紹介したい場合にも即座に対応できます。

イーゼルにはアルミ製や木製などがあり、メッセージボードにもマーカーを使うタイプとチョークを使うタイプがあります。それぞれで与える印象が異なるため、お店のコンセプトなどに合わせて選びましょう。

アルミ製イーゼル

アルミ製イーゼルは光沢があるため、清潔感や信頼感、高級感などを演出したい場合に適しています。カラーにはステンカラー(シルバー)やゴールド、ブラックなどがあり、特注すればレッドやイエローなども選べます。メッセージボードの枠色をイーゼルに合わせると、より一体感が増します。

文字やイラストをくっきりと目立たせたい場合には、マーカーで書くタイプのメッセージボードがおすすめです。通常のマーカーと同様に滑らかな書き心地で、初めての方でもイメージどおりに書きやすいです。カラーにはホワイトやブラックなどがあり、ホワイトなら清潔感を、ブラックなら高級感をプラスできます。

木製イーゼル

木製イーゼルは手作り感や温かみがあり、親しみやすさを感じてもらいたい美容院におすすめです。カラーにはブラックやダークブラウン、ブラウンなどがあります。メッセージボードの枠色や素材も木製で揃えると、より味わいが増し、アンティーク調でおしゃれな印象になります。

木製イーゼルの温かみを活かすなら、メッセージボードはチョークで書くタイプがおすすめです。チョークは優しい色合いが特徴で、かすれ具合により手書き感を表現したい場合にぴったりです。カラーにはブラックやグリーンなどがあるので、お店のイメージに合わせて選びましょう。

美容院ならではの具体的な使い方

美容院ならではの、イーゼルとメッセージボードの使い方を5つご紹介します。

メニューとキャンペーン情報を載せる

定番の使い方は、通常のメニューとキャンペーン情報を組み合わせるというものです。期間限定のキャンペーンをしっかりアピールしながら、通常メニューも載せることでお客様に「どれだけお得なのか」を比較してもらえます。

また、複数のイーゼルとメッセージボードを設置し、通常メニューとキャンペーン情報とで使い分けるのも効果的です。情報量がアップして注目度が高まる他、通常メニューのほうは一度書けば書き直す必要がないため業務の効率化にもつながります。

キッズメニューのような特別なサービスがある場合、メッセージボードを使ってアピールすればさらなる集客が期待できます。

ビフォーアフターや店内の写真を載せる

メッセージボードにビフォーアフターの写真を載せることで、お店のサービスやスタッフのスキルをアピールできます。写真を通してお客様に疑似体験をしてもらうことで、「こういう髪型も素敵だな」「そんなメニューがあるなら入ってみようかな」と興味を持ってもらえる可能性もあります。

ビフォーアフター写真の他、店内の写真を掲載するのもおすすめです。建物の2階に位置するお店や窓がないお店の場合、店内の様子が外から見えないため入りにくいと敬遠される可能性がありますが、写真を載せることで回避できます。

チラシと組み合わせる

イーゼルによっては、ラックを取り付けられるタイプもあります。ラックにチラシを入れておくことで、通りかかった人に手にとってもらいやすくなります。お店のメニューやキャンペーンに興味を持ったお客様があとから予約する可能性を考慮し、必ず連絡先も明記しましょう。

メッセージボードに情報を詰め込みすぎると読みにくくなるため、店頭が狭く複数のイーゼルとメッセージボードを設置するスペースがないお店では、こういった工夫が必要です。

ホームページやSNSに誘導する

美容院のホームページやSNSがあるなら、メッセージボードに通常のメニューに加えてURLやアカウント名を書いておきましょう。うまく誘導できればお客様とつながりを持つことができ、インターネットを通してサービス情報を配信できます。多くの人に情報を伝えることで「気分転換にヘッドスパを利用してみようかな」と来店してもらえる可能性もあり、集客アップが期待できます。

ウェルカムボードとして使う

特別感を演出したいなら、メッセージボードをウェルカムボードとして活用してみてはいかがでしょうか。「いらっしゃいませ○○様」とお客様の名前を記載したメッセージボードを席に置いておくと特別感を演出でき、顧客満足度の向上が見込めます。顧客満足度はリピーター獲得にもつながる重要なポイントなので、日頃からきちんと考えておきましょう。

歓迎ムードに感動したお客様がSNSへの投稿を申し出ることもあり、その投稿を見た人が興味を持って来店するなどの宣伝効果も期待できます。

イーゼルとメッセージボードで
唯一無二の看板を作ろう

看板には多くの種類がありますが、メニューの入れ替わりが多い美容院には書き換えが容易なイーゼルとメッセージボードの組み合わせがおすすめです。

イーゼルにはアルミ製や木製などがあり、素材により印象が違うのに加え、組み合わせるメッセージボードのタイプによっても印象が変化します。そのため「他の美容院と差をつけたい」「個性をアピールしたい」というお店にもぴったりです。

上記でご紹介した以外にも、イーゼルとメッセージボードの使い方は多様にあります。お客様に効果的なアプローチがしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

イーゼルスタンドの商品一覧はこちら

アイキャッチとしての看板に最適!デジタルサイネージのメリット

デジタルサイネージとは、電子表示機器を使用して顧客に情報を届けるメディアのことを指します。数ある看板の種類の中でも目立ちやすく、設置することで店舗の認知拡大や集客アップが期待できます。そこで今回はデジタルサイネージにフォーカスし、メリットと活用する際のポイントをご紹介します。

アイキャッチ効果が期待できる!
デジタルサイネージのメリット

デジタルサイネージを活用するメリットには、大きく以下の4つがあります。

1.顧客の興味関心を刺激できる

高輝度の液晶パネルやLEDパネルで情報を発信するデジタルサイネージは、一般的な看板やポスターに比べて目につきやすいため、顧客の興味関心を惹きやすいのが特徴です。

看板やポスターなどの静止画の広告媒体は街中に数多くあり、差別化するのが困難です。その点、デジタルサイネージは静止画の他にも、動画やスライドショー、テロップ、アニメーション、音声、音楽など、さまざまなコンテンツを発信できます。他の広告媒体と容易に差別化できるため、顧客の興味関心を効果的に刺激できるのです。

2.多くの情報を届けられる

デジタルサイネージなら、一般的な看板やポスターに比べてより多くの情報を届けられます。これには上述した「発信できるコンテンツの豊富さ」が大きく関係しており、例えば複数の静止画で構成したスライドショーを流せば、短時間で店舗のコンセプトやメニュー、店内の様子など、さまざまな情報を発信できます。「ここはどういうお店なんだろう」と気になっている見込み顧客へのPRにもつながるので、新規顧客の獲得も期待できます。

3.コンテンツを自由に変更できる

発信するコンテンツの内容を自由に変えられるのも、デジタルサイネージならではの特徴です。時間や曜日、天候、季節に合ったコンテンツを流すことで、その時々の客層に適した情報を届けられます。

例えば、朝早くからオープンするカフェを経営しているなら、出勤前のサラリーマンやOL向けにモーニングメニューが分かるコンテンツを表示するのがおすすめです。四季でおすすめメニューを変えているカフェならば、季節に合わせてコンテンツを変えてみましょう。夏には冷やし中華やかき氷などのひんやりメニューを、冬には鍋ものやスープなどの温かいメニューを表示するなど、その時々の状況で変化する顧客ニーズに沿ったベストなPRを行いましょう。

4.情報を低コストで更新できる

デジタルサイネージなら、表示する情報を低コストで更新できます。

看板やポスターの場合、デザインを変更する度に印刷し直したり張り替えたりしなければならず、手間と費用がかかります。また看板やポスターの設置箇所が多いと、その分だけ作業時間が長くなり人件費もかさみます。一方デジタルサイネージは、データを変更するだけでコンテンツを更新できます。インターネット回線を使用すれば、離れた場所にあるデジタルサイネージのコンテンツまで変えられるので、手間はもちろん人件費もかからず、更新費用をグッと抑えられます。

押さえておきたい!
デジタルサイネージを活用する際の
2つのポイント

デジタルサイネージを活用する際は、以下でご紹介する2つのポイントを押さえておきましょう。

ポイント1.適した設置場所を見つける

デジタルサイネージのメリットを十分に活かすためには、設置場所にこだわることが大切です。人が集まる場所であることはもちろん、顧客が無意識のうちにデジタルサイネージを眺めるような場所を選びましょう。例えば、ビル内にあるカフェの看板としてデジタルサイネージを活用するなら、エレベーターやエレベーター付近の壁面、そして待ち合わせ場所としてよく利用される場所の壁面などが最適です。

この他、人が多く集まり一定時間滞留する場所や人の流れに対峙している場所もおすすめです。

ポイント2.サイズと輝度にこだわる

サイズ:
デジタルサイネージを活用する際は、ディスプレイサイズを慎重に選ぶことも大切です。

デジタルサイネージのディスプレイの主なサイズは、9~70インチです。例えば、デジタルサイネージをパブリックな場所に設置する場合は50~70インチの大型が適しています。個人経営の店舗には10~50インチが適切です。10~20インチなら店内でPOPとして活用でき、40~50インチなら店外で看板として役立ちます。

このように、最適なディスプレイサイズは、デジタルサイネージの設置場所によって異なります。そのため、デジタルサイネージのディスプレイサイズを選ぶ際は「どこに設置するのか」「どんなコンテンツを発信するのか」を考慮することが大切です。

輝度:
ディスプレイの明るさのことを「輝度」といいます。輝度は、看板としてデジタルサイネージを活用するにあたり、コンテンツの見やすさを左右する重要な要素です。適切な数値にすることで、看板としての役割をより存分に発揮できます。

例えば、家庭用テレビの輝度は約150~200cd/m2(カンデラ/平方メートル)です。「デジタルサイネージも家庭用テレビと同じ輝度でいいのでは?」とお考えの方もいるかもしれませんが、それはあまり望ましくありません。なぜなら、デジタルサイネージは屋内・屋外のどちらにも設置する可能性があるためです。

輝度が約150~200cd/m2のデジタルサイネージを屋外に設置した場合、輝度が日光に負けて映像が見えにくくなります。こうなると視認性を確保できないため、店舗の認知拡大や集客アップにつながらなくなります。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには、あらかじめ設置場所を考慮した上で輝度を決めることが大切です。屋内に設置する場合、輝度は400cd/m2以上が適しています。屋外または日差しが強い屋内に設置する場合は、最低でも700cd/m2以上、あるいは1500~2500cd/m2の輝度が必要です。

デジタルサイネージを看板として活用しよう!

店舗のコンセプトやメニューなど、たくさんの情報を届けられるデジタルサイネージは、店舗の認知拡大や集客アップを図れる便利なツールです。人目につきやすい場所に設置することで、より多くの顧客の興味関心を刺激できます。アイキャッチとしての看板をお探しの方は、ぜひデジタルサイネージに目を向けてみてください。

電子サイネージの商品一覧はこちら

段ボール什器は軽くて丈夫!
導入してディスプレイを長持ちさせよう

什器(じゅうき)は、商品を陳列したり、カタログやパンフレットを置いたりする上で欠かせないアイテムです。特に段ボール什器は、軽くて丈夫なことからディスプレイアイテムとして長く活用できます。また加工しやすいので、写真やイラストをプリントしたり、ポップを取り入れたりして、お客さまの目に留まりやすいディスプレイに仕上げることも可能です。そこで今回は段ボール什器にフォーカスし、メリットと種類別の活用方法、業者に制作を依頼する際のポイントについてご紹介します。

押さえておきたい!
段ボール什器の3つのメリット

段ボール什器のメリットには、以下の3つがあげられます。

1.低コスト

什器には紙製や木製、アクリル製などの種類があります。中でも段ボール什器は他の素材に比べて、制作費が安価です。段ボールの種類や厚さによっては、さらにコストを抑えられます。

また、段ボール什器は組み立て式であることが多く、使用しないときはコンパクトに折りたためるので保管場所に困りません。管理コストが発生しないので、導入後もリーズナブルに活用し続けることができます。

2.耐久性が高い

優れた耐久性も段ボール什器のメリットのひとつです。例えば、誉プリンティングが制作している段ボール什器(通常仕様)なら、棚1段に5kg程度の商品を乗せられます。重量のある商品を上に乗せても崩れる心配はほとんどないので、長期間活用できます。

3.加工しやすい

段ボール什器のメリットには、加工のしやすさもあげられます。カラーバリエーションが豊富なだけでなく、写真やイラストをプリントすることもできるので、工夫次第でインパクトのあるディスプレイに仕上げられます。また、サイズや形状を自由に決めることも可能です。

要チェック!段ボール什器の種類と
それぞれの活用方法

段ボール什器と一言でいってもその種類はさまざまです。以下で、代表的な3つの種類とそれぞれの活用方法をご紹介します。

フロアタイプ什器

フロアタイプ什器はその名の通り、床置きで設置する種類です。サイズが大きくお客さまの目に留まりやすいため、陳列した商品をお客さまに強く認知してもらいたいときに適しています。制作する際は、使用時にサイズが合わなかった、ということがないように、陳列する商品や設置する売り場を考慮した上で設計しましょう。

卓上タイプ・ラック

卓上タイプ・ラックは、商品ではなくカタログやパンフレットを置く際に役立つ種類です。サイズが小さめなので、例えばレジ横などの狭いスペースにも設置できます。店舗内でも、レジ横は特にお客さまの目に留まりやすく、高い販促効果が期待できます。ひな壇を少し斜めに配置する、POPを貼りつけるなどの工夫を施せば、お客さまの興味関心をさらに刺激しやすくなります。

吊り下げタイプ

吊り下げタイプは、売り場が狭かったり、商品点数が多すぎて陳列しきれなかったりという場合に便利です。壁や天井など、紐を掛けられる場所さえあればどこにでも設置できるので、使い勝手はよいといえます。店舗への導入実績が多く、例えばドラッグストアやスーパーマーケットなどで活用されています。

確認を徹底しよう!
段ボール什器の制作を依頼する際の
ポイント

段ボール什器の制作を業者に依頼する際は、以下でご紹介する3つのポイントを確認することが大切です。

希望するサイズや形状、想定設置場所を
伝える

段ボール什器の制作を依頼する上で、希望のサイズを明確に伝えることはとても大切です。

例えば、サイズをきちんと測らないまま制作を依頼した場合、いざ納品された段ボール什器を設置しようとしたときに、「サイズが合わず設置できない」という理由から利用できない可能性があります。こうしたトラブルを避けるためにも、業者に制作を依頼する際は希望のサイズや形状はもちろん、どこに設置するかといった細かいポイントまで明確にし、必ず業者に伝えるようにしましょう。

陳列する商品の重さを考慮する

業者に制作を依頼する際は、段ボール什器の強度設計がどれほどなのかを確認することも大切です。

例えば、フロアタイプ什器にたくさんの商品を陳列する場合、重量によっては什器の底が抜ける可能性があります。そのため、陳列したい商品のおおよその重量と段ボール什器の耐久性を、あらかじめ確認しておくことが重要です。

なお数ある業者の中には、高強度の段ボール素材を使用したり、強度を高める構造を採用したりするところもあるので、不安であれば事前に相談してみましょう。

組み立てやすいかどうかを確認する

段ボール什器の制作を業者に依頼した場合、パーツが分解された状態で納品されることがほとんどです。そのため、使用する際は自分たちで組み立てなければなりません。基本的には手間なくサッと組み立てられる仕様になっていますが、もし不安なら「誰でも簡単に組み立てられるような設計になっているか」をあらかじめ確かめましょう。

段ボール什器を活用してみよう!

段ボール什器は軽くて丈夫なだけでなく、表現の幅が広い魅力あふれる販促ツールです。「長持ちするディスプレイを導入したい」「陳列する商品や設置場所に合わせて、自由にデザインを決められるディスプレイを探している」という方は、この機会にぜひ段ボール什器を活用してみてください。

紙製什器で空間を有効活用!
品揃えが多いドラッグストアの悩みを解決

数多くの商品を取り扱うドラッグストアでは、どの商品がどこにあるのかが一目で分かるディスプレイが重要です。しかし扱う商品が多いがゆえ、新商品を入荷した際などは陳列に苦労することも多いのではないでしょうか。この悩みは、紙製什器(じゅうき)を使用することで解決できます。そこで今回は、紙製什器の用途や種類、使用する魅力をご紹介します。

このような悩みがある方は紙製什器が
おすすめ

このような悩みがある方は紙製什器がおすすめ

紙製什器は、以下のような悩みを抱えている場合におすすめです。

・商品棚がすでに埋まっていて新商品を陳列できない
・頻繁に商品棚の入れ替えを行うのが面倒に感じる
・売り出したい商品を目立たせるのが苦手で、他の商品に埋もれてしまう


紙製什器は、省スペースで商品を目立たせたい場合に有効です。種類によって設置する場所が異なるため、すでに陳列している商品を動かすことなく、空いたスペースを有効活用して新商品などを訴求できます。新商品のみならず期間限定で売り出したい商品がある場合にもおすすめで、期間を終えたら什器ごと撤去すればいいので業務を圧迫する心配もありません。

さらに紙製什器は存在感も抜群なので、レイアウトが苦手な方でも簡単に販促できます。

使い勝手の良い紙製什器が豊富にあるため、使用目的に合わせて活用してみてください。

紙製什器の種類

ドラッグストアで使用できる紙製什器を3つご紹介します。

卓上タイプ・ラック

卓上タイプ・ラックはガラスケースや商品棚の上に置ける箱型の紙製什器です。

商品やチラシ、パンフレットなどを立体的に配置できるため訴求力アップが狙えます。また、無駄にしがちな縦のスペースを有効活用できるというメリットもあり、商品をそのまま積み上げた場合と違って陳列が崩れないので、お客様に手に取ってもらいやすくなります。

他にも、レジ前に置いて「ついで買い」を促進するという使い方もできます。

卓上タイプ・フロアタイプ什器

フロアタイプ什器は、レジ横やエンド横などに設置できる棚型の紙製什器です。

他の商品棚との違いがひと目で分かり、存在感もあることから新商品や季節限定商品などのPRに向いています。また、商品自体が大きいため商品棚に置くとスペースを取ってしまうという場合にもおすすめです。

他の商品の配置を変更する必要がないため、業務の効率化にもつながります。

POPデコレーション

POPデコレーションは、さまざまな場所に設置できる飾り型の紙製什器です。

商品棚やラックに挿し込んで使う「トップカード」、ホルダーに差し込んで卓上でも使える「POPカード」、実際の商品を模して作った「レプリカ」、イラストやロゴを各面に印刷する箱型の「キューブ」などがあります。

一押しの商品が置いてある棚に設置すればワンポイントで目立たせられるため、お客様の視線を集め、商品の訴求力アップが期待できます。

紙製什器6つの魅力

紙製什器の魅力を6つご紹介します。

1.設置や処分が簡単

紙製什器は重さが軽くシンプルな作りになっているため、持ち運びや組み立てが簡単で、業者に依頼することなく設置・撤去できます。また、コンパクトに折り畳めるため収納場所を圧迫せず、処分する際は可燃ごみとして処分できるのも魅力です。

2.コストを抑えられる

紙製什器は素材がダンボールや紙であるため、価格が安いという魅力があります。またコンパクトに畳んだ状態で輸送するので、輸送にかかるコストも抑えられます。

小ロットから製作依頼することも可能ですが、依頼数が増えると制作費用の単価が下がるため、よりコストを抑えたい場合はまとめて注文しましょう。なお、一度制作した什器に新たな注文を加える場合には制作費のみ必要となり、設計費やデザイン費はかかりません。

3.耐久性が高い

紙製什器といっても耐久性は申し分ありません。例えばフロアタイプ什器であれば、棚1段の耐荷重は約5kgとなっており、Mサイズのスイカを置くことも可能です。

誉PRINTINGで扱う紙製什器には塩ビシートを貼ってあり、通常の紙製什器よりも耐久性が高く、500mlのペットボトル数本を陳列できます。また、汚れにくく長持ちするという魅力もあります。

4.華やかさや賑わいを演出できる

医薬品やサプリメントを扱うドラッグストアでは、お客様に安心感を与えられるようディスプレイを工夫することが大切です。紙製什器を使うことで商品をきれいに陳列でき、清潔感のある空間を演出できます。また、売り場に商品をそのまま並べるよりも華やかな雰囲気になるため、明るく賑やかなドラッグストアとお客様に印象づけることが可能です。

5.ニーズに合った商品を訴求しやすい

花粉症や熱中症、インフルエンザなどが流行る時期はドラッグストアに来店するお客様が増えると考えられます。そのため、医薬品やマスクなどを陳列した紙製什器を店頭付近に設置しておくことで、より多くのお客様の目に止まりやすくなります。季節感を考えるのはもちろん、流行りなども常にチェックしておき、ニーズに合った商品を積極的に訴求するよう意識しましょう。

6.商品の魅力を効果的にアピールできる

商品の購入につなげるには、お客様の目線に立って商品価値を伝える工夫が必要です。紙製什器を使えば商品の機能や使い方などを分かりやすく説明でき、商品の魅力を効果的にアピールできます。多くの商品をコンパクトにまとめられるため、限られたスペースで販促でき、店内を圧迫する心配もありません。

紙製什器でドラッグストアが抱えがちな
問題を解決しよう

ドラッグストアは商品の数が多く、「商品を置くスペースが確保できない」「商品棚の頻繁な入れ替えが業務を圧迫する」「売り出したい商品が埋もれてしまう」など、陳列に関する問題を抱えがちです。しかし、それらの問題は紙製什器を使えば解決できる可能性があります。

紙製什器には種類があり、必要に応じて使い分けることができます。わずかなスペースを活かしたいなら卓上タイプ・ラック、商品棚の入れ替えを行わずに新商品をアピールしたいならフロアタイプ什器、陳列した商品を目立たせたいならPOPデコレーションというように使い分けるのがおすすめです。

ディスプレイに関して悩んでいる方は、ぜひ店舗に適した紙製什器を取り入れてみてください。

紙製ディスプレイの商品一覧はこちら

採用イベントはブースに凝る!
装飾のポイントとおすすめアイテム6選

合同セミナーなどの採用イベントに出展するなら、一人でも多くの来場者(学生・求職者)に自社ブースを訪れてほしいもの。採用したい、一緒に働きたいと思える将来有望な方と出会うためには、説明の内容やパンフレットなどの出来栄えだけでなく、「面白そう」「話を聞きたい」と来場者に思わせるブースを作ることが大切です。今回は、ブースの装飾が重要な理由と装飾のポイント、ブースの装飾に使えるイベント用品についてご紹介します。

イベントを成功させるにはブースの装飾が大切

採用イベントでは、ブースの装飾にも力を入れましょう。以下では、ブースの装飾の重要性と装飾のポイントをご紹介します。

どうしてブースの装飾が重要なのか

印象は視覚から得た情報に左右される傾向にあり、例えば人の印象は出会って3秒で決まるといわれています。同じくブースの印象も視覚の情報によって決まるため、来場者はブースを見てからわずかな時間で何かしらの印象を持ち、立ち寄るかどうかを判断します。

つまり、来場者にブースへ訪れてもらうには印象を少しでも良くしなければならず、そのためにはブースの装飾が欠かせないのです。

ブース装飾のポイント

どんなに多くの来場者がブースに訪れても、企業と来場者の間にミスマッチが起これば人材獲得には至りません。また「思っていたのとは違う」とマイナスの印象を抱かれかねないため、ブースの装飾では以下のポイントを意識することが大切です。

企業のロゴや写真、企業理念などを伝える:
「私たちはこういった企業で、こうした商品・サービスを扱っています」「こうした企業理念のもと仕事をしています」ということを伝えることで、ミスマッチを防ぐことができます。

ブースの壁に企業のロゴや写真を入れたり、企業理念やキャッチコピーを印刷したタペストリーやバナーを飾ったりすれば、来場者が企業のことを理解しやすくなります。加えて、それらに興味を引かれた来場者だけがブースを訪れるため来場者とのミスマッチが起こりにくいのです。

社員の顔を見せる:
来場者が好印象を抱きやすいのは、実際に働く社員の顔です。特に笑顔で楽しそうな雰囲気が伝わる写真は、遠目からでも来場者を引きつけます。ブースの壁に社内の雰囲気が伝わる写真を入れたり、ポスターなどを貼ったりして、明るくフレンドリーな雰囲気が伝わるように装飾をしましょう。

ブースの装飾に使えるイベント用品6選

採用イベントには多くの企業が集まるため、ブースの装飾に使用するイベント用品は持ち運びのしやすさや設営・撤去のしやすさを考慮して選ぶことが大切です。以下では、おすすめのイベント用品を6つご紹介します。

のぼり旗

のぼり旗は風で揺れ動くため目に留まりやすく、屋内屋外を問わず効果的にアピールできるため、キャッチコピーを掲げるのにぴったりです。「社長が話します」などのインパクトがあるキャッチコピーは来場者の興味を引きやすいため、目立つ場所に設置しましょう。

のぼり旗に入れる文字は、遠くからでも読めるようなサイズにしましょう。また詰め込みすぎると視認性が下がるため、伝えたいことを絞り、できるだけシンプルにすることが大切です。

バナースタンド

バナースタンドは、プリンターの出力物をスタンドに取り付けた自立式の看板です。文字や写真を大きく表示できるため、視認性は抜群です。高さ調節が可能な他、簡単に組み立てられるものも少なくありません。場所を取らず、またコンパクトに収納できるためイベントなどでは重宝します。

タペストリー

タペストリーをブースの壁に吊り下げれば、来場者の目を引きます。文字やイラストなど、さまざまなものが印刷でき、耐久性に優れているため長く使用できます。サイズの種類も豊富なので、ブースの規模に合わせて適切なものを選びましょう。

ポスターパネル

ポスターパネルは種類が多く、掲示するポスターを簡単に変えられるためイベント時に役立つアイテムです。ポスターの汚れ防止になる他、防水効果のあるポスターパネルを選べば屋外でも安心して設置できます。求めている人材の情報などをブランドカラーやロゴなど一緒に載せて掲示すれば、来場者の目を引くことが可能です。

チェアカバー&テーブルクロス

オリジナルデザインのチェアカバーやテーブルクロスを使うと、他の企業と差別化を図ることができます。その際、自社のロゴやブランドカラーを用いると統一感が出て、ブースの雰囲気もまとまります。かけるだけでイメージを変えられるため、準備や片付けも簡単です。自社のパイプ椅子やテーブルを使用する際や、ちょっとした汚れや傷が気になる場合でもチェアカバーやテーブルクロスでカバーすれば清潔感を与えられます。

バックパネル

ブースの広さに余裕があれば、バックパネルの設置が効果的です。ポップアップやバックボード、レゴポップアップなど複数のタイプがあり、それぞれ特徴が異なるため用途に合わせて選びましょう。

例えば、丸みがあって立体的なポップアップは発色がよく目立つため、企業のロゴや商品の写真などを印刷すれば来場者へアピールできます。一方バックボードは四角い形が特徴で、マジックテープによって固定するため組み立てが簡単です。この他、ユニットを自由に組み合わせてオリジナル性の高いブースを作れるもの、スクリーンの上部や背後からライトで照らせるものもあります。

ブースの装飾を工夫して
イベントを成功させよう

採用イベントを成功させるには、ブースの見た目が大切です。のぼり旗やタペストリー、チェアカバーやバックパネルなどを使い、企業イメージが伝わるような装飾に仕上げましょう。

採用イベントを成功させたい、イベントで効果的に自社をアピールしたい、自社にマッチした来場者を獲得したいという方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

展示会装飾の商品一覧はこちら