タイプによって使い分け!電飾看板はさまざまな場所で利用できる

暗い場所や屋外でも使用できる電飾看板

暗い場所や屋外でも使用できる電飾看板

店舗の宣伝のために必要不可欠といっても過言ではない「看板」。
一口に看板と言ってもさまざまなものがありますが、暗い場所や屋外で使用するのであれば、電飾看板がおすすめです。電飾看板はその名の通り看板が光るので、暗い場所や屋外でも使用することが可能です。なお、電飾看板にもさまざまなタイプのものが存在しており、使用する場面や場所によって使い分けることができます。ここでは、電飾看板の選び方についてご紹介します。

シンプルなデザインが人気

シンプルなデザインが人気

最もシンプルで使いやすい構造の電飾看板は「ADOフレーム」です。
ADOフレームは、スッキリとしたデザインが特徴のため、店舗などの看板に用いられることが多くあります。道幅が狭い屋外で使用する場合でも、スッキリとしているので邪魔になりません。また、防水加工がされているため、安心して屋外で使用できます。シンプルな構造で軽量なのも魅力のひとつです。屋外だけでなく、デパートの店舗内などで使用しても便利でしょう。
また、ADOフレームと同じく、「RSSオプトサイン」もシンプルなデザインのため人気があります。
RSSオプトサインは面板が丸みを帯びているので、柔らかな光を放ちます。ポスターを掲示することも可能で、キャンペーンを行ったり、メニューを変更することが多いレストランやカフェなどの店舗で使用されることが多いです。シンプルなデザインであるため、屋外での使用はもちろん、インテリアのひとつとして店舗内で使うこともできます。

充電式コードレスタイプも!

その他にも、Tを逆にしたようなCSSタワーライトサインやフレームレスのアールサインなど、電飾看板にはさまざまなタイプのものが存在します。最近では、充電をすればコードレスで使用することができる電飾看板も登場しています。なお、タイプによってデザインが大きく異なりますので、機能面はもちろん、店舗の雰囲気などに合わせて選ぶのも良いでしょう。