イーゼルスタンドに黒板をプラス。手書きならではの味が出る

街にあるさまざまな店舗。特に喫茶店やカフェなどを見ていると、イーゼルスタンドを活用しておしゃれな看板を出しているのをよく見かけます。そのなかでも特に目を引くのが、黒板と木製のイーゼルスタンド合わせた看板です。なぜ黒板と木製のイーゼルスタンドを組み合わせた看板は、これほどまでにおしゃれで目を引く看板になるのでしょうか。
今回は、そんな木製イーゼルスタンドと黒板を組み合わせた看板についてご紹介します。

温かみのあるチョークアート

温かみのあるチョークアート

黒板と木製のイーゼルスタンドを組み合わせた看板で最も注目するべきは、手書きのチョークアートです。
たとえば看板でよく見かけるのは、印刷したポスターなどが挟まれたパネルを使っているもの。デザイン性に富んだものもあり、目につくという点では黒板と木製イーゼルスタンドの組み合わせにも負けていません。しかし、こういったタイプの看板はどこか機械的な印象を受けることもあり、手書き特有の温かさのようなものは感じられません。これに対して黒板と木製イーゼルスタンドの組み合わせの場合、その店舗ならではの味のある看板に仕上げることができます。チョークで書かれた文字やイラストは、店舗のもつ味・温かさをダイレクトに伝えてくれます。
もちろん、ポスターなどでもその店舗らしさを出すことはできますが、描いている人の雰囲気が出るのはやはりチョークアートでしょう。

毎日違った看板にすることも

毎日違った看板にすることも

もうひとつ、木製イーゼルスタンドと黒板を組み合わせた看板は、描く内容を簡単に変更できるというのも魅力のひとつです。
ポスターを使用する場合、何種類か用意することはできても、そう頻繁に内容を変更することはできません。もちろん店舗の看板なのでそう頻繁に変更することもないのですが、季節やその日の天候などに合わせて変えることができれば、より温かで味のある看板にすることができます。木製イーゼルスタンドと黒板を組み合わせた看板なら、こういった変更が簡単にできるのです。