パンフレットを店外に出して集客率アップを狙う

コストを押さえてパンフレットを配布

コストを押さえてパンフレットを配布

パンフレットやチラシは、大事な集客ツールのひとつです。そのため、どんなお店や企業でも、メニュー表や企業のパンフレット、チラシなどの何かしらの紙媒体で広告をしていることでしょう。
そんなパンフレットやチラシを、配る人を雇って街を歩く人や店の前を通った人に直接手渡しするという方法を採用しているお店や企業もあります。
しかし、このような場合は、パンフレットやチラシの印刷代だけでなく人件費などのコストも必要となってしまいます。
「なるべくコストを押さえてパンフレットやチラシを配布したい」というニーズにこたえるのがカタログスタンドです。

目的に合わせたパンフレットラック選び

目的に合わせたパンフレットラック選び

パンフレットやチラシを配布する方法として、カタログスタンドを設置するという方法はとても効果的です。なぜなら、ムダな人件費がかからないからです。
しかし、ただ単にカタログスタンドを設置すればいいというわけではありません。散らばらないように見栄えよく、そして取りやすく、多くの人の目に留まるようにカタログスタンドを設置しなければならないのです。
ですから、目的に合ったカタログスタンドを選ぶことが大切です。
例えば、企業の案内のパンフレットをカタログスタンドに設置する場合、企業にとって清潔感というものは実に大切です。そこで、ホワイト系のパンフレットラックを選ぶことをおすすめします。また、紙折れを避けるためにも、ケースがついたものを選ぶとよいでしょう。
また、パンフレットの種類が豊富な場合は、段数や列数が多い大きなものを選びましょう。
しかし、大きすぎるパンフレットラックを設置した場合、お店や会社のエントランススペースなどが狭くなってしまうこともあるので、事前にきちんとサイズを図っておいてください。

自然とサクラ効果を出すカタログスタンド

カタログスタンドは、店先などに置いておけば、パンフレットに興味を持った人が自然と手を取ってくれます。また、1人手に取れば、別の人も手に取ってくれることでしょう。
自然なサクラ効果が期待できるのです。場面に合ったパンフレットラックを選びましょう。