居酒屋の看板で集客力アップ!?

道行く人の足を止める看板とは

居酒屋の集客力を高めるためには、看板の活用が大切です。お店の場所や魅力を伝え、
来店に繋げる看板はお店の顔ともいえるでしょう。
そこで、看板を設置する目的や役割、種類、集客につなげるコツを確認して
自分のお店にあった看板を考えてみましょう。





居酒屋の看板で集客力アップ!?道行く人の足を止める看板とは

導入文 看板は通行人に居酒屋の存在を知ってもらい、興味を持ってもらうために活用できるツールです。役割や看板の種類について把握することで、
自分のお店で使いやすい看板を検討しやすくなるでしょう。また、集客効果を高めるにはちょっとした工夫も大切です。
これから居酒屋経営に挑戦しようと思っている方の中には、看板のデザインに迷っている方もいらっしゃると思います。
そういった方のために、ここでは集客につながる看板の情報をご紹介します。

お客様への挨拶!

居酒屋の看板の目的と役割



お客様への挨拶!居酒屋の看板の目的と役割

居酒屋の看板を作成する上で大切なことは、“人目にふれること”。できるだけ多くの方にお店の存在をアピールする、また店舗の特徴を知らせるという重要な役割があり、そこから入店につなげるという目的があります。


案内板と販促ツールとして活用



案内板と販促ツールとして活用

繁盛店を作るためにはリピーターの確保が重要です。そのためには、常に新規顧客を確保しお店の良さを知ってもらう必要があります。
インターネットが普及した現代でも、通行人にアピールできる看板の集客効果は侮れません。立地が良くても認識されなければ来店につながらない
ため、目を引き、足を止める効果のある看板を設置してください。

集客につなげる役割



集客につなげる役割

スタンド看板やメニュースタンドは通行人の目線に近いため、メニューや料金などの詳細情報を掲載するのに適しています。お店の魅力が伝わるように、写真やイラストなどを使って工夫しましょう。


居酒屋の看板にぴったり!

看板の種類と人に与える印象

居酒屋で利用される看板の種類と特徴をご紹介します。

夜でも視認性が抜群!

電飾看板の特徴



夜でも視認性が抜群!電飾看板の特徴

夜でも視認性が抜群!電飾看板の特徴

居酒屋が最も繁盛する夜を彩る電飾看板は、照明を使い人目を引くことで高い集客力を発揮します。例えば、看板の外枠に矢印状の照明を取りつけることで、矢印と点滅でお店の場所を指し示すのでお客様をスムーズに誘導できます。
またLEDタイプの電飾看板であれば、一般的なライトよりも省電力で寿命が長いため、電気代がかさみがちな居酒屋では、経費削減にも役立つでしょう。 また、電源の確保が難しい立地での看板設置を検討されている方は、コードレスでどこでも使える『バッテリーLEDスタンド』を活用するのも良いでしょう。

ドーンと構えるお店の顔!

木製看板の特徴



ドーンと構えるお店の顔!木製看板の特徴







和の趣きを伝えながら、お店の名前をアピールできる看板として好まれているのが、木製看板です。木の温かみはもちろん、シックで落ち着きがあり高級感を演出する木製メニュースタンドと併用すれば、より一層お店の雰囲気を優しく演出することができます。


雑居ビルでおなじみ!

袖看板・突き出し看板の特徴

複数のお店が営業している雑居ビルでおなじみの看板です。ビルの外壁に建てに連なって設置され、店名と階数が書かれているためお店の顔としての機能と目印としての効果があります。
このほかにも、お店の入り口の上の壁面に設置する『壁面看板』や、店舗の窓ガラスに貼る『ウィンドシート』店舗前に立てる簡易看板である『のぼり旗』などがあります。

視認性

遠くからでもひと目で店名と特徴がわかるデザインは、集客に大きな効果を与えます。飲食店街では周囲の看板に同化してしまい、視認性が悪くなるケースもあるでしょう。その場合は配色を変更したり、フォントを一風変わったものにしたりと工夫が必要です。 また、オシャレなお店でみかける、フランス語で表示した看板のように、英語以外の外国語を使う場合も店名が読めず目当ての店舗と認識されない可能性が考えられます。外国語のほか、独特なフォントを使う場合は万人が読める表記になっているかどうか、複数人で確認しましょう。

店舗コンセプトとの整合性

看板のデザインが店舗のコンセプトを表している看板もあります。和食系のお店なら木を使った和風のデザインにする、店員の個性が売りならブラックボードに手書きでメニューを書き込むなどコンセプトや特徴と合うものにしましょう。 また、肉バルなら骨付き肉の形をした看板を使うように、看板の形そのものをお店の特徴に寄せるデザインも効果的です。

AIDMA(アイドマ)を意識

メニューや料金を伝えるスタンド看板は、店名のみを表記した看板と比べ、道行く人がじっくりと見てくれる可能性が高く、集客力に期待が持てます。そのため、視認性だけでなく来店することで得られるメリットを伝えられると効果的です。お客様の行動を促す広告手法としては「AIDMA(アイドマ)」といわれる購買プロセスを意識する方法があります。

Attention(注意を引く)< /span>
まずは通行人の目を引かなければ集客につながりません。居酒屋があることを伝えるために、色や書体のインパクトで注意を引きましょう。また、進行方向に直角になるように看板を設置する方法でも注意を引くことができます。人は進行方向をまっすぐ見ているので、視線を横に向けなくても目に入る位置に設置すると道行く人の目に入りやすくなります。

Interest(興味を持たせる)
看板に惹かれた人に興味を持ってもらいます。「美味しそう」「店雰囲気が良さそう」と思わせましょう。店内やメニューの情報を掲載するのはinterestが目的です。期間限定メニューや独自のメニュー、銘酒◯種類といった店舗の特徴があれば、目を引くサイズ・位置に掲載してください。

Desire(欲求・食欲を喚起する)
店舗に引き込むためには『興味』だけでなく『欲求』を刺激しなければいけません。『飲み放題○円!!』『旬の食材』『夏のスタミナ大皿』など食べたいと思わせるポイントを盛り込みましょう。

Memory(記憶させる)
看板を見てすぐに来店いただくのがベストですが、すでにお店が決まっていたり時間がなかったりと都合の悪いタイミングもあります。その場合は、次回のチャンスにつなげる工夫も大切です。看板をパンフレットやチラシの設置場所として活用し、ツールを通じた想起効果により次回来店につながる施策が可能となります。

Action(行動を起こさせる)
行動を起こさせるためには、まず何よりも店舗やサービスを知ってもらうことが不可欠になります。また、認知されたからといって、それが直接行動につながるとも限りません。そこで行動を起こさせるための工夫が必要になります。例えば、先ほどMemoryでご紹介したパンフレットやチラシに、期間限定商品の紹介やクーポン券を付帯させるなど、「行動を起こさせる=来店を促す」施策と組み合わせれば、次に来店してもらえる可能性が高くなります。

まだ見ぬお客様へ、

心が伝わる看板を作成しよう

看板は遠くからでも目立つものを配置して、お客様の興味を引くために設置されます。少しの工夫やアイデアで、お店のコンセプトを伝えたり、集客効果を高めたりすることも可能です。自慢のお店をより多くのお客様に知ってもらうために、看板を活用する方法を検討されてはいかがでしょうか。




関連記事

ご不明な点がございましたら、
フリーダイヤルもしくはお問合せフォームからお問い合わせください。

【営業時間】 9:30〜18:30 【休日】土日祝

お問い合わせフォーム

商品ラインナップを見る