駐車場看板の設置はどんな効果がある?

誘導だけではない看板の意味

駐車場看板を、どのようなものにしたら良いのかと考えたことはありますか?
駐車場には、毎日多くの車が入り出ていきます。その流れをスムーズにするために、看板を有効に使いましょう。
低コストで高クオリティの効果が、看板には期待できますよ。





駐車場看板の設置はどんな効果がある?誘導だけではない看板の意味

ひと口に看板と言っても、街中を見渡せばさまざまな看板が目に入りますよね。車を駐車できるスペースを案内する看板もそのひとつに挙げられますが、どのようなタイプの看板を設置したら良いものか悩ましいところです。ここでは、駐車場経営者や運営者に役立つ看板設置のメリットやユーザーへの効果、気になるコスト面のことをご紹介します。

駐車場看板の特集ページはコチラ▶︎

駐車場看板の必要性とは

ユーザーの案内・誘導



ユーザーの案内・誘導

駐車場看板がある最大の効果は、駐車場を利用するユーザーへの案内と誘導することにあります。ターゲットとしているユーザーは運転をしているドライバーで、駐車場看板はドライバー目線で作られているものがほとんどです。そのため歩行者目線で見たら少し低い位置に看板あり、遠くからでも分かるように矢印などの記号が書かれていたり文字が大きめに作られていたりと、視認性が高く作られているのが特徴です。

コスト削減



コスト削減

大型のショッピングモールやイベント会場の駐車場は、人の往来が激しく広ければ広くなるほど複雑化します。そのため、駐車場を安全かつ快適に利用していただくため、誘導や警備などの人員を雇う必要が出てきます。このような誘導や警備にかかる人件費のコストを軽減するために、看板を設置することはとても有効です。例えば、駐車場看板に「満車」や「空車」と表示されるだけで、利用者は自分で判断して駐車場所を探せるほか、矢印で出口まで誘導するとスムーズに動くことができるでしょう。駐車場看板を効果的に設置するだけで、最小限の人件費で駐車場を運営できます。

迷惑駐車の抑制




迷惑駐車の抑制

市街地や住宅地などでは、駐車場がどこにあるのかわからず道路に無断駐車をする車もあります。このような迷惑駐車を抑制することにも、駐車場看板は役立ちます。看板が目立つところにあるだけで、駐車場の位置を確認して利用することができるでしょう。もちろん、近隣の住宅や店舗からも駐車場利用の案内が促しやすくなるため、迷惑駐車減らすことに繋がります。


駐車場看板の選び方







駐車場看板の選び方


駐車場看板の選び方

駐車場看板は、主に「知らせる看板」と「誘導する看板」の2種類あります。

駐車場の場所を知らせる看板
駐車場の場所を伝える看板は、プレートタイプのように看板が大きくて視認しやすいのが良いでしょう。プレートタイプの看板は、フェンスや壁沿いなどにしか使うことができません。しかし、運転しているドライバーにとっては、大きいプレートに大きく「駐車場」と書かれていると遠くからでも見分けることができるため、場所を伝える役割としてとても効果があります。特に入口付近にプレートタイプの看板を貼り矢印を書くだけで、その場所が駐車場だと伝えることができるため便利です。

誘導のための看板
車の誘導に看板を設置する際には、スタンドタイプの看板がおすすめです。駐車場内で使うスタンドタイプ看板の誘導は矢印を使ったものが多く、入口や出口の案内、大型専用駐車場を案内することもあります。プレート型のように固定で案内している駐車場もありますが、日によって使い方を変える駐車場の場合は簡単に移動できるスタンドタイプの看板で、軽量の樹脂製を使いましょう。樹脂製は雨に強く腐敗しないので、屋外・屋内共に使える看板です。水を入れてその重さで動かないようにするものが多いですが、男性なら1人、女性なら2人いれば運べます。

ユーザーが分かりやすい

駐車場看板の設置方法






ユーザーが分かりやすい駐車場看板の設置方法

駐車場で看板を使うシーンはよくありますが、月極駐車場のように契約する駐車場と、コインパーキングとでは使い方が異なります。各々の使い方に気をつけながら、看板を活用していきましょう。

月極駐車場の場合
月極駐車場は、契約した人たちのみしか利用することができません。普通の誰でも利用できるコインパーキングとは違うので、プレートタイプの看板のように大きく分かりやすい文字で「契約駐車場」と書いておきましょう。こういった差別化がないと、間違って契約していない人が入って来てしまうこともあります。 駐車場内でも看板を有効に使ってみましょう。例えば、駐車スペースが1部埋まっていなくて契約の予定がない場合は、ポールタイプ・スタンドタイプの看板を使います。どちらの看板でも構いませんが、直接空きスペースに看板を立て、そこに管理者の専用番号を明記します。探している人にとってはこのスペースを借りたいときにすぐ問い合わせができるので、とても効果的です。可能であれば、料金も書いておくと親切でしょう。

コインパーキングの場合
コインパーキングはなるべく早く、遠くからでも分かるように看板を使ってアピールしましょう。遠くからでもよく分かるのが、のぼりタイプの看板です。のぼりタイプは店舗やイベント等でよく使われているのを見ますが、駐車場で使うこともあります。色や文字のインパクトが強く、風ではためいているためとてもよく目立つので遠くからでも分かるでしょう。駐車場の文字が見えなくても「P」さえ見えれば、利用者は把握できるため、目立たせたいときに活用しましょう。ほかにも、樹脂製で簡単に移動できる看板があれば「満車」や「空車」を簡単に伝えられ、取り扱いも簡単なので1つあればとても重宝します。

駐車場看板を上手に活用しよう

駐車場看板を上手に活用しよう

駐車場はいろいろなことを、分かりやすく伝えることができなければ、ユーザーは混乱してしまうでしょう。もちろん、誘導や警備の人員を雇うことで安全かつスムーズに駐車場の管理はできますがコストバランスを考えなくてはいけません。コストをおさえた上で駐車場管理や運営を行うためにも、上手に駐車場看板を活用してみましょう。




関連記事

ご不明な点がございましたら、
フリーダイヤルもしくはお問合せフォームからお問い合わせください。

【営業時間】 9:30〜18:30 【休日】土日祝

お問い合わせフォーム

商品ラインナップを見る