バックパネルは

お好みのサイズ・デザインから選ぶ

使用環境にぴったりの希望サイズの大型バックパネルを製作

屋外用のバックパネルとは

屋外用のバックパネルとは

一般的な大型バックパネルでは、専用の骨組みサイズに合わせて製作するのが基本。でも、誉プリンティングのバックパネルでは、幕のみのオーダーも承っており、希望のサイズに合わせたものを提供できます。
記者会見や展示会などで使用することの多い大型バックパネル。その使用環境はお客様によってさまざま。だからこそ、誉プリンティングでは、お客様の使用環境にぴったりの希望サイズの大型バックパネルを製作いたします。
誉プリンティングの人気の大型バックパネルのサイズは、
※3×3(W2270×H2280×D292mm)と3×4(W3010×H2280×D292mm)の2種類。77.5cm単位で横に拡張可能なため6mのブースにも容易にも対応。難しい組み立ては一切なしで、折りたたみ式の大型バックパネルをサイドから引っ張るだけで簡単に完成。そのため、女性2人でも容易に組み立てることが可能なので、人手不足になりがちな急な記者会見や展示会の準備のときなんかにも安心です。
※バックボードシリーズ

オリジナルバックパネルの魅力

オリジナルバックパネルの魅力

サイド面ありのデラックスタイプ、なしのスタンダードタイプ

大型バックパネルとして幕を使用する際には、オリジナルバックパネルをおすすめいたします。オリジナルバックパネルには、サイドカバーのあるものとサイドカバーのないものの2種類があり、好みや設置場所の環境などからお選びいただけます。なお、サイドカバーを希望される場合には、サイドカバーにもプリントをいれることが可能です。記者会見や展示会では、ぬかりないPRが重要となります。誉プリンティングの大型バックパネルであれば、サイドまでぬかりないものをご提供いたします。

どんな大きさのものを使えばいいか

分からないという方も、ご安心下さい

どんな大きさのものを使えばいいか分からないという方も、ご安心下さい

レゴポップアップを使用した株式会社テクタイト様の施工事例

誉プリンティングでは、記者会見に合った大型バックパネル、展示会に合った大型バックパネルなど、お客様の使用環境に合ったものにピッタリなサイズの商品をご提案させていただくことも可能です。記者会見用、展示会用、どちらも高さは同じですが、横幅が異なっております。なお、お問い合わせいただければ、お客様のニーズに応じたものを一層細かくご提案することが可能です。まずは、お気軽にご相談ください。




関連記事

ご不明な点がございましたら、
フリーダイヤルもしくはお問合せフォームからお問い合わせください。

【営業時間】 9:30〜18:30 【休日】土日祝

お問い合わせフォーム