データの作成方法

デザインデータの作成、入稿時の確認事項を各種アプリケーション別にわかりやすく説明しています。
デザイン作成、入稿前に必ずお読みください。また印刷メディアの特徴にもふれています。

印刷メディアについて

PETバナー 耐久性・耐候性に優れたメディア。
プラスチックで強いポリエステル素材で反りが少なく、屋外での使用に適しています。
ユポ 水に濡れても強度の低下や形状の変化はほとんどなく、とても耐水性に優れています。
主原料がポリプロピレンなので、引っ張り、折り曲げ、衝撃などに強く、紙のレベルをはるかに上回る破れにくさを持っています。
ラミネート・コーティング加工仕上げなどに良好なメディアです。
ターポリン ポリエステル系の繊維を合成樹脂で挟んで作られている、運動会等で設営するテントの様なビニール系の屋外用によく使われている素材です。
tarpoulin(防水布)から来ている名前のとおり雨や汚れに強く丈夫な素材です。
布製品に比べ非常に丈夫で・汚れにくく・長持ちしますので長期使用も可能です。
メッシュターポリン メッシュになっているターポリン地です。ターポリン生地に無数の細かい穴が空いており、風を逃す効果があります。風圧に強く、強風などによる破損が起こりにくい素材です。ターポリン幕が裂けてしまう恐れがある風の強い場所や、高所への掲示をする場合にご指定下さい。
トロマット(布系) 傷がつきにくく、ウォータープルーフになっています。ヒートカットで布の切り口は滑らかに仕上がります。
ターポリン素材と違い布目があり、マットな風合いが特長です。ターポリンは「ツルッ」とした平滑な仕上がりになりますが、トロマットは「ざらっ」とした味があり深みを感じる仕上がりになります。
また、折りジワが付きにくい特長があります。
遮光ツイール ウォータープルーフで透けにくく軽いのが特徴です。また耐久性があり高級感があります。
綿素材よりも圧倒的に折りジワがつきにくい特徴があります。
ハトメ加工

スクリーンの四方角から40mm内側に穴を開け、金具をはめ込みます。(これを俗にハトメといいます) ハトメの色はお選びいただけます。
カッティングシート 塩化ビニール製の薄いシートの裏に粘着のりがついているものです。
ポンジ 屋外のぼり用によく使われている素材で、薄手でとても軽い素材です。
裏面透過防止加工 裏面の透過防止加工をすることで、印刷面がうっすら透けてしまうのを防ぎます。
マットラミ加工 印刷面表面のキズから守り、印刷面自体が両側から丸まりにくくなります。
標準はツヤ無加工で納品致します(ツヤ有も選べます)。
グロスラミ加工 印刷面表面のキズから守り、印刷面自体が両側から丸まりにくくなります。マットラミ加工よりもツヤがあります。

データ入稿

スクリーンショットの作成

デザインデータの作成、入稿時の確認事項を各種アプリケーション別にわかりやすく説明しています。
デザイン作成、入稿前に必ずお読みください。また印刷メディアの特徴にもふれています。
※スクリーンショット(キャプチャ)はデータチェック時の体裁の確認として参考に使用させていただきます。ただし、細部までのチェックや文字校正は行ないません。

デザインレイアウトファイルを開く

入稿用の完全データを作成されたアプリケーションでお開きください。

全表示できるように倍率に設定

全体が見えるようにウィンドウを全画面表示にしてください。
※レイアウトデータが、各種ツールボックスで隠れないようにしてください。

スクリーンショットを作成

左図のようなボタンが、キーボードの右上あたりにあります(機種によって異なります)。
そのボタンを押すとWindowsのメモリに保存されます。
※この時点では、音は何もでません。またファイルができるわけではありません。

スタート→プログラム→アクセサリの「ペイント」を起動させる

スタート>プログラム>アクセサリの中に「ペイント」というアプリケーションがあります。
それを起動してください(Photoshopやその他画像編集ソフトをお持ちであれば、それでもかまいません)。

「貼付け」を選択し画面をペーストする

アプリケーションの編集メニューから、もしくは右クリックで表示されるサブメニューから「貼り付け」を選んで下さい。
先程の作業画面がペースト(貼り付け)されます。
それに「スクリーンショット表」「スクリーンショット裏」といったスクリーンショットであることが判別できるファイル名をつけ、jpgで保存して ください。ファイル名で判別できなるようにしてください。

デザインレイアウトファイルを開く

入稿用の完全データを作成されたアプリケーションでお開きください。

全表示できるように倍率に設定

全体が見えるようにウィンドウを全画面表示にしてください。
※レイアウトデータが、各種ツールボックスで隠れないようにしてください。

スクリーンショットを作成

左図のようなショートカット(コマンド+シフト+3)を押すと、「バシャ」という音が鳴ります。
※(コマンド+シフト+4)であれば、カーソルが十字にかわるのでキャプチャを撮りたいところをドラッグして囲むと、その範囲だけを撮ることができます。

起動ディスク内にスクリーンショットが保存されます

左図のようなアイコンのファイルが作成されます。

  • ● MacOS9.xでは起動ディスクの第1階層に保存されています。(ファイル名:「スクリーン1」などのpictファイルが作成されます。)
  • ● MacOS10.4以前であればデスクトップに保存されます。(ファイル名:「スクリーン1」などのPDFファイルが作成されます。)
  • ● MacOS10.4以降もデスクトップに保存されます。
(ファイル名:「ピクチャ1.png」などのファイル名が作成されます。)

※スクリーンショットであることが判別できるファイル名に変更してください。
ファイル名で判別できない場合、スクリーンショットとの確認ができないことがあります。

データの圧縮方法

MacOSXの場合 MacOSXであれば標準でzip形式での圧縮が可能です。 「control」+クリックで"12345678_001を圧縮"を選択。
圧縮することで、web入稿時のファイル破損が抑えられます。
この際、弊社でのデータチェックするための「スクリーンショット」もしくはjpgかpdfの書き出し画像もフォルダにいれてください。
スクリーンショットのファイル名には「kanpu」などの文字をいれ、スクリーンショットであることが判別できるようにしてください。
このとき弊社でのデータチェックで使用するための「スクリーンショット(キャプチャ)」もフォルダにいれてください。
スクリーンショットであることが判別できない場合、データチェック時の確認ができないことがあります。
MacOS9の場合 「1.」で作成されたフォルダを圧縮ソフトにドラッグアンドドロップしてください。
圧縮ソフトはMacであれば「Aladdin DropStuff(ドロップスタッフ)」(シェアウェア)が標準で使用されています。また「MacLha」も広く使われています。
圧縮することで、web入稿時のファイル破損が抑えられます。
「Alladdin DropStuff」はMac OS 9にプリインストールされています。
【Aladdin DropStuffの場所】
/Applications(Mac OS 9)/インターネットユーティリティ/Aladdin Dropstuff and Expander/Aladdin DropStuff 5.5J/DropStuff
Windowsの場合 WindowsXP・Vista・7であれば標準でzip形式での圧縮が可能です。
【入稿フォルダを右クリック→送る→圧縮(ZIP形式)フォルダ】圧縮することで、web入稿時のファイル破損が抑えられます。
この際、弊社でのデータチェックするための「スクリーンショット」もしくはjpgかpdfの書き出し画像もフォルダにいれてください。
スクリーンショットのファイル名には「kanpu」などの文字をいれ、スクリーンショットであることが判別できるようにしてください。
このとき弊社でのデータチェックで使用するための「スクリーンショット(キャプチャ)」もフォルダにいれてください。
スクリーンショットであることが判別できない場合、データチェック時の確認ができないことがあります。

データ入稿

デザインデータの作成、入稿時の確認事項を各種アプリケーション別にわかりやすく説明しています。
デザイン作成、入稿前に必ずお読みください。また印刷メディアの特徴にもふれています。

● ご注文はお済みですか?
データ入稿の前に、商品をご注文して頂きます。弊社のホームページの注文フォームかお電話にて受け付けております。
● 完全データをご入稿ください。
完全データとは、修正の必要がない完成された印刷可能な制作データです。
データのご入稿前には、テクニカルガイドをご確認ください。
● 15時がデータ入稿締切です
15時を超えて当社にデータが到着した場合は翌日扱いになります。 ※データ送信には時間がかかる場合がございます。余裕をもってご入稿ください。

お急ぎの場合はオプション700円にて優先的にデータチェックを行わせていただきます。
その際はお電話にてお知らせください。(06-6449-6577)

● メディア送付入稿送付先
〒550-0003 大阪市西区京町堀2丁目6-26 K&G京町堀ビル4F (株)誉PRINTING データ入稿係まで