電子サイネージ 静止画・動画・音声などで注目を集めるデジタルサイネージ用スタンド

デジタルコンテンツで訴求する新しい看板「電子サイネージ」

映像を表示する電子サイネージ電子看板(デジタルサイネージ)は、パソコンで制作したコンテンツをディスプレイで再生し、街を歩く人々にリアルタイムで情報を伝えることができる新しいタイプのスタンド看板です。静止画・動画を問わずコンテンツ映像を流すことが可能で、ディスプレイごとや時間帯によって表示する内容を変えることもできます。
また、使用するコンテンツは動画編集や専用ソフトなどで作成します。設置場所やターゲットに合わせてコンテンツの内容を自由に制作できる上、お客様ご自身でコンテンツを作成すればコストを抑えて広告を展開できます。今注目されている新しい看板、それが「電子サイネージ」です。

誉PRINTINGでは、デジタルサイネージを効果的に訴求するスタンド・筐体を多数ご用意しております。ディスプレイ(液晶部分)とのセットも承りますので、ご希望・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

電子サイネージをチェック

電子サイネージの特徴と選び方のポイント

ここでは、電子サイネージの特徴や選び方のポイントをご紹介します。「何を基準にして選べばいいかわからない」「どうやって使えばいいか知りたい」というような場合にご参考いただければ幸いです。

電子サイネージのスタイル

スタイルで選ぶ

電子サイネージには主に下記のような種類があり、設置場所やターゲットに合わせてタイプをお選びいただけます。

  1. ポールスタンドタイプ:
    ホテルや結婚式場などに似合うスタイリッシュなデザイン。
  2. イーゼルタイプ:
    持ち運びも簡単なので飲食店などの店舗に最適。
  3. 大型自立移動式・壁寄せ型:
    大型商業施設や公共交通機関など、人の多い場所でも目立つ大型ディスプレイタイプ。
  4. タッチパネルタイプ:
    広告表示だけでなく画面操作で案内も兼ねるタッチパネルは会社受付や展示会場に。

運用方法を確認する

電子サイネージには、コンテンツを再生するためのプレイヤーが付いています。電子サイネージのスタイルによって下記のようにプレイヤーの形式が異なりますので、プレイヤーの形式は必ずご確認ください。また、コンテンツを直接プレイヤーにセットし個別にコンテンツを管理するスタンドアロン型のほか、ディスプレイをネットワークでつないで複数のサイネージをコントロールするネットワーク型対応の商品もございます。 お客様のコンテンツ運用に適したタイプをお選びください。

  • プレイヤー内蔵型のイメージ図
    プレイヤー内蔵型

    プレイヤー内蔵型の特徴は、コンテンツが保存されたUSBをディスプレイ本体に直接差し込むので見た目もスッキリスタイリッシュな商品です。プレイヤー内蔵型・小型電子POPがこの運用方法となります。

  • 大型ディスプレイのイメージ図
    大型ディスプレイ

    大型ディスプレイはSTB(再生機)が外付けされたものですが、STBの収納スペースがあるので見た目も気になりません。また付属のSTBはループ再生だけの簡易的なものですが、上位機種に交換すれば、日付や時間で流すものを変える複雑なスケジューリングも可能です。

  • タッチパネルのイメージ図
    タッチパネル

    タッチパネルは専用のソフトウェア(Touchnage®2)がパッケージされているので、ボタンのレイアウトやタッチ時の表示コンテンツがソフトウェア上で簡単に設定できます。

静止画・動画・音声などの電子サイネージ用コンテンツ

コンテンツの準備

ハードが決まれば、次はコンテンツの準備です。電子サイネージで流す映像コンテンツは、お客様でご用意していただく必要があります。
PowerPointや動画作成ソフトを使って、お客様ご自身で静止画や動画の映像コンテンツを作成することができます(※商品によってはシステムで使用できるデータフォーマットが異なる場合がございますので、電子サイネージご購入の際には必ずデータフォーマットをご確認ください)。また、お客様ご自身でコンテンツデータを作成する以外にも、コンテンツ制作会社に依頼してデータを作成してもらう方法もございます。
効果的な映像コンテンツを用意して電子サイネージの特長を存分に生かし、訴求効果の高い広告を展開してください!

電子サイネージについて簡単にご説明させていただきましたが、いかがでしょうか?
お客様の仕様用途に合わせて最適な電子サイネージをお選びください。
当サイトではスタンド・筐体のみのお取り扱いとなっておりますが、ディスプレイ(液晶)とのセットをご希望の場合もご相談承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!

電子サイネージをチェック