ポスタースタンドは高さの調節が可能。お客様の視界に入りやすくしてしっかりアピール

看板は、店舗の集客のためにはとても重要なものです。その店舗を知らない人からすれば、何を扱っているのか、どのような店舗なのかは看板から判断するため、わかりやすくインパクトのあるものが望ましいでしょう。しかし、いくらわかりやすくてインパクトのある看板を作ったとしても、それが通行人の目にとまらなければ意味がありません。看板は、見られることで初めて、その効果を発揮することができるのです。
一般的な看板は据え置きタイプのもので、店舗のどこかに設置されています。このタイプの看板は、大きなものも作れるので確かに見やすいのですが、その場所からほかの場所へ移しにくいというデメリットがあります。こういった据え置き型の看板しかない場合には、ポスタースタンドを併用するのがおすすめです。ポスタースタンドなら、目につきやすい工夫も簡単にすることができます。

条件に合わせて臨機応変に

条件に合わせて臨機応変に

看板を設置する場合にもっとも考えなくてはいけないことが、「看板を見るのは誰か」ということです。当然見るのはお客様なのですが、その条件は人によってさまざま。
たとえば歩行者が多い場所と車が多い場所とでは、その設置の仕方は大きく変わります。歩行者と車とでは進む速度、移動の自由度、目線の高さ、見え方など、どれをとっても異なるので、変わるのは当然といえます。なので、設置の際には、誰に向けての看板なのかを意識しなければいけません。
ポスタースタンドであれば、そういった見せ方を意識した設置も簡単に行うことができます。ポスタースタンドの中には、高さの調整や角度の調整が可能なものもあるため、据え置き型の看板とは違って、臨機応変に対応することができるのです。

移動できるメリット

移動できるメリット

ポスタースタンドと据え置き型の看板では、移動できるかどうかの違いも大きなものです。
前述のとおり、看板自体の見せ方も大切なのですが、どこに設置するかというのも大きな問題です。たとえば大通りを外れた路地のなかにある店舗の場合、店舗の前に看板を置いても通行人の目にとまらないことがあります。こういった場合には、大通りから誘導するように看板を設置するのが効果的です。このような用途では、移動が簡単なポスタースタンドがおすすめです。ポスタースタンドなら、検証しながら置く場所を変えることもできます。