経営者は要チェック!看板製作する上で押さえておきたいポイント 3

店舗にとって看板は大切な「顔」

店舗にとって看板は大切な「顔」

看板は店舗の顔といっても過言ではありません。中には、営業マンのような役割があるという人もいます。しかし、営業という仕事は誰にでもできるものではありません。優秀な営業マンにするためにも教育や経験が必要不可欠なように、優秀な看板を製作するにも十分な知識・経験を身につけることが大切です。デザインや、記載するべき情報に関しては、ポイント1、2のページでご紹介しましたので、ポイント3では、文字色と背景色の関係についてご紹介したいと思います。あなたの店舗の看板、文字色と背景色の色合いは完璧ですか?

文字色と背景色のコントラストが大事

文字色と背景色のコントラストが大事

見やすい看板、目を惹く看板にするためには、デザインや情報量などが大切です。しかし、文字のデザインや情報をきちんと記載していたとしても、その文字が背景に馴染んでしまっていては、目立ちにくく見えづらいものになってしまいます。文字が見えづらいと、せっかくの看板の効果が減少してしまいます。
ひと目で見やすい看板を製作にするには、視認性を高めることが大切です。視認性を高めるには、文字色と背景色にも気をつけなければなりません。文字色が黒であれば、背景は白にするというように文字色と背景色のコントラストをはっきりとつけましょう。なお、完成前には、遠くからでも文字が見えるか確認しておくことも重要です。

看板のデザインで売上が大きく左右する

看板の製作はとても大切なもので、看板を製作し直しただけで、売上が10倍以上にもなったという店舗も存在するようです。たかが看板と思う人もいるかもしれませんが、されど看板。現在、店舗の経営がうまくいっていないという人は、まず店舗の顔である看板を見なおしてみてはいかがでしょうか?
自分で確認するのはもちろん、周囲の人やお客さんに確認をしてもらっても、新たな発見や見直すべきポイントが見つけられるかもしれませんね。