経営者は要チェック!看板製作する上で押さえておきたいポイント 1

店舗を経営している方であれば、必ずといっていいほど看板を製作したことがあるでしょう。
看板は店舗を宣伝するためのツールでもありますし、店舗の場所を知らせる目印にもなるものです。どちらにせよ、店舗に足を運んでもらうためには、看板の存在は必要不可欠といえます。しかし、中には、看板が持つ絶大な効果を軽視している人がいます。ここでは、一人でも多くのお客さんに足を運んでもらうためにも、効果的な看板を製作する上でのポイントについてご紹介します。

ひと目でわかる看板に

ひと目でわかる看板に

看板を製作する上でもっとも大切なのは、「どういった店舗かひと目でわかる」ということです。
デザインを重視したり、情報を詰め込みすぎたりしていると、パッと看板を見ただけでは何の店舗かわからなくなってしまうことがあります。とはいえ、逆に地味すぎたり情報が少なすぎたりすると、目立ちにくいので宣伝効果が薄れてしまいます。宣伝効果が薄い看板は設置をしても意味がありません。看板を製作する上では、派手過ぎず地味過ぎず、ひと目でどういった店舗なのかを理解できるかどうか考えましょう。

デザインをしたら周囲の人に確認を

デザインをしたら周囲の人に確認を

デザインをしたはいいけど、「これで本当にいいのか?」と思ったら、周囲の人にデザインを確認してもらいましょう。“どういった店舗を経営している(経営する)のかを知っている人”であれば、その認識をした上でデザインを確認するはず。そのため、できるだけ“どういった店舗を経営しているのか知らない人”に訪ねてみることをおすすめします。思い切って、実際に店舗に訪れたお客さんに聞いてみるというのもいいですね。お客さんの声を聞くことで、経営者では気付かなかった視点が発見できるかもしれませんよ。 人気の店舗になるのがとても難しいように、看板の製作もとても難しいものです。信頼できるデザイナーや製作のプロに依頼をして、一人でも多くのお客さんの目にとまるような魅力的な看板を製作しましょう。