看板のカラーひとつで、お客様に与える印象は変わる

色にこだわる

色にこだわる

看板製作のときにこだわりたい要素には、いろいろなものがあります。まずあげられるのが、大きさ。看板は大きければ大きいほうが目立ちます。でも、店舗によっては、大きい看板と店舗イメージが一致しないこともあり、大きい看板がマイナスイメージになってしまうこともあります。よって、看板製作で看板の大きさを決める際には、ただ大きいだけのものにせず、店舗に合ったものを選ぶことが重要です。
そして、看板製作のときに大きさと同じくらい重要になるのがデザイン。デザインは、依頼者の希望をもとに、看板屋のデザイナーが作り上げていきます。このとき、看板屋のデザイナーがもっともこだわりを持つのが「色」です。看板のデザインにとって、色は非常に重要な要素。というのも、看板の色ひとつで、お客様が店舗に抱くイメージが大きく変わってしまうからです。よって、看板屋で看板のデザインを依頼する際には、店舗イメージに合った色を使ってもらうのがおすすめです。

同じ赤でも、いろんな赤がある

同じ赤でも、いろんな赤がある

色には、数えきれないほどの種類があります。同じ赤でも淡い赤もありますし、ビビッドな赤もあります。白味がかったピンクに近い赤もあります。よって、看板屋が看板のデザインをする上で「こんな色を使ってほしい」という希望がある場合には、「赤を使ってほしい」というのではなく、「こんな赤を使ってほしい。」と、細かい色味を説明しましょう。あなたの思い描く看板とデザイナーのイメージする看板のデザインが一致するよう、イラストや参考写真などを用意するのもおすすめです。

人を惹きつける色

いくらおしゃれな看板でも、いくら店舗のイメージに一致した看板でも、集客効果がなければ何の意味もありません。そもそも看板は、通行人に店舗の存在を宣伝・PRするためのものです。
そのため、看板をデザインしてもらうときには、人を惹きつける色を使ってもらいましょう。看板製作に慣れている看板屋のデザイナーは、看板の効果を高める色を使ってデザインしてくれるはず。ファッション性と販促効果が両立する、満足度の高い看板を製作してもらいましょう。