バックパネルとスポットライトでより注目を集める

バックパネルは、イベントや展示会、記者会見などさまざまなシーンで利用することができます。大きなパネルを使えば、それだけでもインパクトを与えることができます。展示会では作品・商品を目立たせるためにも欠かせないものとなるでしょう。
そんなバックパネルですが、より作品・商品を注目させるためにはスポットライトを組み合わせるのが効果的です。バックパネルにはスポットライトを設置できるようになっているものがあるため、そういったものであれば設置も簡単に行うことができます。
では、なぜスポットライトを併用することが効果的なのでしょうか。
ここでは、展示会でより効果的に作品・商品を見せるためのバックスパネルとスポットライトの使い方をご紹介します。

一点を注目させる効果

一点を注目させる効果

展示会では、その作品や商品を一番に注目させなければいけません。一般的な照明だとすべてを均等に照らすため、その商品や作品だけに注目させるということはなかなか難しいものです。しかし、スポットライトは強い光を一点に当てることに特化したライトであるため、こういった注目させたい作品・商品がある展示会では最も活躍できるといえます。そういったスポットライトを設置できるバックライトと組み合わせれば、展示会での注目効果は非常に高くなるでしょう。

見せたくない部分を隠す効果も

見せたくない部分を隠す効果も

注目させる効果とは真逆ですが、スポイットライトには見せたくない部分を隠す効果もあります。
スポットライトは一点に集中して強い光を当てるという性質上、照らせる範囲は狭く、照らされていない部分の陰は濃くなります。こういったことから、光が当たっている部分以外を隠す効果が期待できます。特に展示会などは空間がやや暗めに設定されているため、スポットライトで照らされているバックパネル以外はかなり見えづらくなり、この効果も十分に感じることができるでしょう。