展示会だけじゃない!バナースタンドを利用できる場所

さまざまな設置場所で活躍

さまざまな設置場所で活躍

広めのスクリーンでインパクトのある宣伝ができるバナースタンドは、基本的に展示会での利用が多い商品ですが、展示会以外の場面でもさまざまな用途で利用されています。ここでは展示会以外でこの製品が利用できる場所についてご紹介させていただきます。

セミナー会場や説明会でも利用可能

セミナー会場や説明会でも利用可能

展示会などのイベントで商品やサービスの看板として利用されているバナースタンドは、セミナー会場や説明会でも便利。
通常の案内看板よりも表示スペースが広いので、バナースタンドを使えばより遠くからでも来場者を案内することができるのです。軽量なため移動にも便利なため、屋内・屋外用の案内看板としてこの製品を設置するお客様も増えており、バナースタンドの使い方として主流になりつつあります。

車などのショールームでも利用可能

展示会で使われることが多いバナースタンドは、最近車などのショールームでも利用されています。
ショールームでの使われ方としては、展示している車の横に車の名称やイメージビジュアルを表示させる方法。ポスターフレームやタペストリーの場合は、壁がないと設置することができませんが、バナースタンドは自立するため車のすぐ側に置くことができます。そのため、ショールームに来場したお客様が車を見に来た際、すぐに車の名称やイメージを伝えることができるのです。

住宅展示会でも使える屋外用

屋内で利用されることの多いバナースタンドですが、屋外でも利用できるように、専用のバナースタンドが作られています。
屋外用の特徴は、水を入れるタイプのウエイトがついており、風による転倒を防ぐことができるという点です。また、屋内用のバナーは紙系の生地で印刷されますが、屋外用は直射日光でも傷まないターポリン生地が採用されています。

このように、誉プリンティングでは屋内から屋外までさまざまなシチュエーションで使えるバナースタンドを提供しています。展示会以外でバナースタンドを利用したい場合は、誉プリンティングにお気軽にご相談ください。